Code of Bushido

cob-box1.jpg


  • 日本軍(帝国陸軍、海軍陸戦隊等)の歩兵、砲、車両を網羅したモジュールです。
  • 日本軍を導入するだけでなく、PTO(太平洋戦域=熱帯地方の地形)ルールが用意されています。日本軍の非常に特殊なルールと合わせてG章が構成されています。
  • G章は2つのパートに分かれており、後半には洞窟や強襲上陸などの特殊なルールや、米海兵隊や中国軍に関するルールが含まれています。後半はモジュール9Gong Ho!に収められています。
  • カウンターで気になるところは、SMCの個人名ではないでしょうか。ほぼ無難な名前になっていますが、一部不明なものもあります。日本人の姓は多様ですから、該当する姓をご存知の方がいらっしゃいましたらご示唆ください。
    • ヒーロー: 藤垣 伊藤 佐藤 西井
    • 対戦車ヒーロー: 藤本 北村 中村 永沢 岡本 大槻 佐々木 笹本 高嶋 Kuboto(久保戸?)
    • 10-1: Dao(ベトナム人?) Gaman(我慢?) Sakara(佐原?) Timmu(??)
    • 10-0: 伊藤 三船 渡辺 Anasai(安西?)
    • 9-1: 村上 山田 Hana(塙?ハナ肇?) Kiro(木戸?) Yashi(家志?)
    • 9-0: 綾部 藤田 葛西 庄司 One(尾根?)
    • 8-0: 井上 大沢 樽井 鈴木 
    • 8+1: 本田 堀田 島田
  • MAPは34〜37までの4枚。どのMAPも大量に植物(林・果樹園・藪・麦畑)が存在し、PTO地形に変換された際には(ジャングル・椰子・竹林・大藪)となり、視界と移動を困難にします。
  • オーバーレイにも太平洋地域を再現するものが含まれています。非常に起伏の激しい615高地や、水田地帯があなたを南方戦域へといざないます。
  • シナリオはASL59〜66までの8本。どれも非常にハードなシナリオでやり応えがあります。最初の日本軍シナリオであるASL59のシチュエーションは、日本人にとっては非常に複雑な心境にさせられるものです。1945年8月13日。満州に突如として襲来したロシアのT34の大群(10両!)に、爆薬と対戦車ヒーローで立ち向かうのです…。
  • その他、ノモンハンでのBT5との戦闘。イギリス軍との戦闘が3本。アメリカ軍との戦闘が2本(1つは夜戦)。そしてフィリピンでのムスリム・ゲリラとの戦闘が1本です。

シナリオ


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-06 (火) 16:37:58 (1996d)