細かく変わっていますが、表現が変わっているだけで内容的には変わらない部分も多々あるので、内容的な変更・追加のある部分を先に記し、表現が変わっているだけの場所はその後に場所だけを記すにとどめています。

内容的に変更・追加のある部分

IV.初期配置のA)の最後に以下の文言を追加:
 スタックは、指定された範囲の複数ヘクスに「広げて」置くことができます(分遣連隊を置くことができるならば、それも含めて)。

同B)の最後の以下の文言を削除:
 シナリオで特に規定されていない限り、ゲーム開始時に分遣連隊を用いることはできません。

9.14g 括弧内の文言を追加
 敵の攻撃可能ユニットが艦船ユニット(上陸用舟艇として活動中のDUKWを含めて)のあるヘクスに移動、戦闘後前進、退却した場合、艦船ユニットは除去されます。

12.8e 以下の条件を追加
 解体セグメントに補給線を設定できていない印刷された移動力が1以上の戦闘ユニットは……

13.6b 括弧内に文言が追加
 ……鉄道を使用して登場することもできます(移動フェイズ中に「積載」のために通常要求される13.3c(1)は無視します)

13.7b 後半の文言を変更
 このような策略を用いる場合でも、4.8b項と4.9a項は満たさなければなりません。もしそのスタックに含まれている戦闘モードの攻撃可能ユニットが複数ユニットフォーメーションの中にしかないのならば、その複数ユニットフォーメーションが一番上に置かれる必要がありますし、そのようなユニットのいずれかが公開されねばなりません。

14.5 [明確化]が「重要」付きのルールに
 重要:ゲーム毎の天候および/あるいはフェイズの制限ルールが迎撃任務を阻害することは決してありません。

14.10c 一部文言内容変更
 降下計画のすべて、あるいは一部を中止したり遅延したりできます(一部のユニットが計画通りに降下し、一部は遅らせられ、一部は中止させるというようなことが可能です)。この決断は航空ユニット整備フェイズにおこないます。遅延させる場合は、内容は同じままで次のターンへ遅らされます。中止する場合には、その計画は破棄されます(ただし、全く同じ計画を再度作るとしても事前計画作成からおこなわねばなりません)。

18.4e 括弧内に追加
 (13.2項;9.14c項に従って輸送トラックとして捕獲され得ます)

18.4e B) 追加
 オーバーランされる際には上陸用舟艇(LC)として扱われます(9.14g項)。

18.4e C) 追加
 オーバーランされる際には輸送トラックとして扱われます(9.14c項)。

19.0b 括弧内に追加
 ……;最も近い収容力のトークン数になるように四捨五入します

20.0g この項目自体がまるまる追加
 20.0g 山岳歩兵師団や空挺師団などの特殊な歩兵師団も、この同じ分遣連隊ルールを使用します(通常、分遣連隊のカウンターの中にこれらのものも含まれています)。

21.8c [追加]であったものが通常ルールに
 21.8c 空挺降下を行った戦闘ユニットはそのターンに、補給コストの消費なしで“空ヘクスへの攻撃”を行うことができます(空挺降下後に移動可能なようにしてはどうかと提案して下さったDick Horneffer氏に感謝します)。

 
 

表現の変更のみの部分

(基本的にExampleの見出しの部分が削除されていますが、下にはいちいち記していません)

2.3 ◇Reinforcement Phase

同・2nd Player, Player Turn

4.2 Design NoteとExampleを入れ替え

6.2d √Multiple Terrain on a hexside

8.0 Procedure

9.3a

9.12g C)

9.13b

9.14e

10.0a

12.5c C)

12.5f

12.6d

12.8e

13.2f

13.2g

13.3f

13.4c

13.5f

13.6b

14.2e Hip Shoot

14.7dのB)とC)

14.9e

16.0b

18.4f

19.0b

20.0(「Break-Down Regiments」が「Breakdowns」に表現変更)

20.0d

20.0f


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-17 (木) 16:36:56 (1223d)