Tunisia/枢軸軍の編制


・第5降下猟兵連隊

 第5降下猟兵連隊は本来は砂漠のロンメル軍に送られる予定であった。その第2大隊はすでにラムケ旅団の下で砂漠で戦っていた。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P6)

 1942年11月11日以降、コッホ中佐の第5降下猟兵連隊が次々とチュニジアに到着した。第5連隊は1942年5月に編成されたものだが、連隊長コッホ中佐は1940年の西方戦役でベルギーのエバン・エマール要塞を陥れて勇名をはせ、各指揮官もヴェテランぞろいであった。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P6)

 第5降下猟兵連隊の第2、第3大隊の前身は1941年クレタ島に降下した『第1空挺突撃連隊』であった。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P18)

【『TUNISIA』シナリオ1の開始時11月15日ターンでは、第1、第2大隊はチュニジアにおり、第3大隊はシシリーボックスに置かれている。】

unit00015.jpg
unit00016.jpg




・軍団直轄降下工兵大隊

 1940年のエバン・エマール要塞攻撃の時にはコッホの下で小隊長だったヴィツィヒ中尉も、今や少佐となって、第11航空軍団の軍団直轄降下工兵大隊を率いてチュニジアにやってきた。コッホとヴィツィヒはエバン・エマール要塞攻略に大きく貢献し、ともにヒトラー直々に騎士十字章を受けていた。空軍の役者が揃いすぎの感もある。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P18)

unit00017.jpg




・(参考)『The Blitzkrieg Legend』のコッホ大尉とヴィツィヒ中尉の特別作戦マーカー

unit00020.jpg




・バレンティン連隊

 1942年11月20日からは急編成の降下兵部隊であるバレンティン連隊がビゼルタ前面マチュルに展開し、右翼のヴィツィヒ大隊とともに緒戦の危機的状況を戦い抜いた。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P18)

unit00019.jpg




・第190装甲大隊

 最初チュニジアの守りはほとんど空軍部隊に頼りきりであったが、やっと戦車部隊も到着し始めた。
 フォン・ブロムベルク少佐の第190装甲大隊は、砂漠で戦っていた本体の第90軽師団に送られる予定であったが、第2中隊の傾羸鐚屬11月8日にベンガジに揚陸された他は、12日から22日かけてチュニジアのビゼルタ港に送り込まれた。
 定数が揃ったとして、傾羯愆戦車2輌、狭羸鐚孱訣辧↓傾羸鐚46輌、弦羸鐚10輌という強力な助っ人である。戦前の国防大臣の息子である(らしい)その大隊長は、22日マチュル方面に偵察に出かけたところ、連合軍機の攻撃を受けて戦死してしまったが……。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P18)

unit00008.jpg




・チュニジア義勇連隊/チュニジア突撃大隊

 チュニジア義勇連隊(チュニス防衛のために志願したチュニジア在住のイタリア人部隊)およびチュニジア突撃大隊(より“多くの”訓練を積んだという点を除いて上記の連隊と同じ部隊)(『TUNISIA』デザイナーズノート)

(画像用意中)


・イタリア海兵大隊×2

 1942年11月16日現在の枢軸軍第90軍団の陣容の内の一部。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P9)

unit00018.jpg




・第47擲弾兵連隊

 1943年1月中旬の「アイルボーテ(急使)機弸鄒錣砲蓮⊃兄欧梁47擲弾兵連隊が投入された。ブーゼ中佐に率いられたこの部隊は、前年の夏、東部戦線はクリミア半島のセヴァストポリ要塞占領で大きな働きを示し、中佐は騎士十字章を受けていた。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P77)

unit00021.jpg




・アフリカ装甲擲弾兵連隊

 1943年2月18日にドイツ軍は、カセリーヌとテベサの分岐点であり、アメリカ軍の飛行場のあったテレプテを占領した。そこで大きな働きぶりを示したのが、ロンメルの旧友メントン大佐に率いられた「アフリカ装甲擲弾兵連隊」で、かつては第288特別部隊と呼ばれ、その兵士達は右上腕に椰子と太陽を組み合わせた部隊章を付けていた。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P103)

 メントン大佐の部隊は、元々は第287および第288特殊部隊であった。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P105)

【下段は『DAK2』の第287、288特別部隊およびアフリカ装甲擲弾兵連隊?のユニット】

unit00022.jpg
unit00025.jpg




・第71ネーベルヴェルファー連隊

 1943年2月20日、峠道に対し新兵器が投入された。アンドレアーエ大佐の第71ネーベルヴェルファー連隊のロケット砲は、轟音とともにあたりを一掃した。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P105)

unit00024.jpg




・第334歩兵師団

 1942年11月末に新編されたばかりであり、チュニジア到着時には戦力が未完のままであった。(『カセリーヌ峠の戦い1943』P16)

 【ロンメルの】砂漠の戦線では1個山岳猟兵中隊がすでに戦っていたが、チュニジアには第334歩兵師団の第756山岳猟兵連隊が従軍した。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P40:船で地中海を渡る山岳猟兵達の写真があり、彼らの右上腕と帽子の左側には山岳猟兵のシンボルであるエーデルワイス章が写っている)

unit00001.jpg
unit00002.jpg




・第10装甲師団

 第10装甲師団は、1940年のフランス戦、1941年から1942年の独ソ戦を戦った歴戦の師団である。通常編制の装甲連隊に加え、同師団には第7装甲連隊の第3大隊として、ティーガー重戦車を装備する第501重戦車大隊が追加されていた。(『カセリーヌ峠の戦い1943』P16)

 1942年11月16日、ヴィシー・フランス占領の任務でニースに駐留していた第10装甲師団はイタリアへの移動を開始した。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P46)

 11月21日に兵士だけが先に輸送機でナポリ郊外の飛行場を飛び立った。22日からは海上輸送も始まり、第10オートバイ狙撃兵大隊の車輌が最初に揚陸された。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P47)

 東部戦線から抽出され、フランスで補充されて戦力が充実した同師団は、1942年末の時点で、第7装甲連隊に狭羸鐚屐↓弦羸鐚峭膩41両と、105両もの長砲身5センチ砲搭載の傾羸鐚屬鯀備していた。(『ドイツ装甲部隊全史機P182)

 【多くの車輌を輸送船が沈められ失っていた】第10装甲師団は、機材不足をテブルバで捕獲したもので補っていた。米軍のハーフトラックは重宝され、英軍の火砲だけで編成された砲兵中隊もできた。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[上]』P75)

【この第501重戦車大隊は、『TUNISIA』のシナリオ2(3ターンのミニシナリオ)「The Battle for Kasserine Pass(カセリーヌ峠の戦い)」には登場しません。同じターンから始まるシナリオ4「The Tunisian Campaign ― Battle of Kasserine Starting Point(チュニジアキャンペーン:カセリーヌの戦いから)」では登場するのですが、北方の海岸近くの方に配置されています。】

unit00003.jpg
unit00004.jpg


unit00005.jpg




・第21装甲師団

 第21装甲師団は、1月遅くに第5装甲軍の指揮下に移され、戦力再建を進めながらスファクスの守りについた。同師団は装備戦車をすべて第15装甲師団に譲り渡し、チュニスで創設されたグリュン戦車大隊【『TUNISIA』上のユニットとしては不明】と、それまでは第90軽師団と呼ばれた第190装甲大隊【←どういう意味?】により、戦車戦力の更新が図られた。(『カセリーヌ峠の戦い1943』P17)

unit00006.jpg
unit00007.jpg


unit00008.jpg




・スペルガ師団

 1940年のフランス戦に参加した部隊であり、その後強襲上陸師団として再編されていた。(『カセリーヌ峠の戦い1943』P17)

 【『イタリア軍入門』(吉川和篤 イカロス出版)のP220による記載では「第1師団スペルガ」となっており、山岳歩兵師団に分類されています。】

unit00013.jpg
unit00014.jpg




・チェンタウロ師団

 イタリア軍の最良の戦車師団のひとつであり、バルカンで戦ったのち、北アフリカのリビアへと転戦した。チュニジア戦の段階では、戦車戦力は1個大隊程度にまで減少していた。(『カセリーヌ峠の戦い1943』P17)

unit00011.jpg
unit00012.jpg




・第999師団

 軍法会議で有罪判決を受けた者ばかりで編成されていた。(『歴史群像 No.79』チュニジアの戦い P41)

 “999”という特別な番号を持つ(一つ若い番号を持つ部隊とは100番以上離れている……もっとも“999”には「歩兵」の名は冠せられていないが)この部隊は、指揮官は正規の将兵であったが、兵士たちは執行猶予のついた者たちであった。
 そうした事情でか、部隊編成の段階で、そのころ導入が始まっていた歩兵師団などへの突撃砲の装備は見送られていた。そして兵力も十分に揃わないままにチュニジア戦に投入されていた。(『チュニジアの闘い:1942〜1943[下]』P24)

unit00028.jpg




◆イタリア軍全体について

 イタリア軍は衰退しつつある国家に典型的な、各種の問題を露呈していた。イタリア軍の標準戦車であるM14/41は、薄い装甲と貧弱な火力を持つ軽戦車にすぎなかった。イタリア砲兵は見かけこそ古かったが、まずまずの働きを示した。しかし対戦車火力においては、旧式の47mmm対戦車砲を中核としていたために、最新の連合軍戦車には歯が立たなかった。イタリア軍の歩兵訓練は旧態依然としたもので戦場の実態からはかけ離れており、時代遅れの戦術ドクトリンを基礎としていた。将校と兵士の関係は中世の遺風を残しているため、戦友意識に薄く、任務達成の意欲を共有することもなかった。
 それでも、一部のイタリア軍は平均よりもはるかに優れているとみなされた。ドイツ軍のイタリア戦車隊への評価は良かったが、それはイタリア戦車隊が悩みの種であるイタリア軍歩兵軍団から切り離されて、ドイツ軍団の指揮下に置かれていたこともあったのだろう。特別編成部隊である、ベルサリエリや「青年ファシスト(ジョヴァンニ・ファシスティ)」の評価も高かった。
 在チュニジアのイタリア軍の戦闘能力は、疑いなく1940年のエジプト戦や1941年のリビア戦当時よりも、はるかに改善されていた。しかし枢軸軍の戦線配置にあって、イタリア軍が弱点であることには変わりは無かった。
 (『カセリーヌ峠の戦い1943』P18〜19より抜粋)

※ベルサリエリ部隊はBrsの部隊名を持つユニットで、「青年ファシスト」は「GGFF」師団です。Brsユニットには質の高いものもいますが、GGFFユニットはえらく質の低いのもいたりしますね……。

unit00029.jpg




◆ドイツ軍全体について

 ロシアに大兵力を送る必要があったことから、アフリカ急派のドイツ軍では兵数よりも兵器の質が重視された。チュニジア戦のドイツ軍は、エリート部隊である戦車、自動車化歩兵、空軍部隊の比率が、これまでに無く高かった。
 チュニジアはまた、ティーガー重戦車、ネーベルヴェルファー多連装ロケット砲、Pak.40型75mm対戦車砲といった、数々の新兵器が西方連合軍に対してデビューを飾る場ともなった。チュニジアに投入されたドイツ軍のほとんどは、戦闘経験を持ち歴戦で鍛えられた部隊であった。まさにこのとき、ドイツ国防軍はその戦闘能力の絶頂期にあったのである。(『カセリーヌ峠の戦い1943』P19)

※ユニットのうち、降下猟兵部隊や対戦車砲大隊ユニットなどは空軍所属なのだろうと思われます。『TUNISIA』のドイツ軍ユニットの色は、仲間内では「イギリス軍ユニットかと思った」「ドイツ軍という感じがしない」など、あまり評判が良くありません(^_^; その後出た『DAK』ではドイツ軍ユニットは灰色、ドイツ空軍地上部隊ユニットは青灰色に塗られており、恐らくそっちの方が評判は良かったのではないかと思ったりも……。

unit00030.jpg




参考文献:
・『カセリーヌ峠の戦い1943』(スティーブン・ザロガ 大日本絵画)
・『イタリア軍入門』(吉川和篤/山野治夫 イカロス出版)
・『ドイツ装甲部隊全史機戞奮惴Α



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-19 (月) 08:42:11 (1104d)