ASL League/2009/シナリオSSR

勝利条件

  • ブルガリア軍は、いずれかのプレイヤーターン終了時に地図盤4のヘクス列I以東に、統制状態の分隊(相当)を7個以上存在させていれば勝利。ブルガリア軍の勝利に必要な分隊相当数は、その時点で統制状態のパルチザンユニットが所有している、機能するMMGにつき1個、LMGにつき1/2個増加する。

配置

  • パルチザン:地図盤4に、指定に従って配置。ヘクス4G3には“?”は置けない。
    • ヘクス列D以東[ヘクス4D4以外]
    • 4G3
  • ブルガリア軍:指定に従って配置。
    • 4A6・4B5・4C5・4D4 以上はSSR3に従う。
    • 地図盤10に、SSR4に従って配置。

特別ルール

  1. ECは多湿(Wet)、弱風が東に向かって吹いている。
  2. パルチザンOBににあるブルガリア軍MGは、捕獲兵器として使用される。パルチザンは2個以下の分隊と、それと同じ区域に配置されるSMC/SWをいくらでもHIPで配置できる。加えて、HIPではないパルチザンユニットが所有するMGは、所有者のIDを記録しておき、盤外にとどめ置かれる。これらのMGは、射撃したり、放棄されたり、受け渡しされることによって地図上に登場する。ヘクス4G3に配置されるMMGは、このルールの対象にはならない。パルチザンは展開できず、複数区域FGを作れず、築壕を試みることもできない。
  3. 地図盤4に配置される全てのブルガリア軍ユニットは混乱状態かつ、DMである。4C5のLMGは、分隊とHSのどちらに所有させてもかまわない。
  4. 3-4-7は、1個分隊ずつ、地図盤10の以下のヘクスに配置される。B5,C5,D4,E4,F4,F3,G3,G2,H2,I2,およびJ1-M3を走る各道路ヘクス。このグループに属する指揮官とSWは、地図盤10上のいずれかの分隊とともに配置される。各指揮官は、他の指揮官と3ヘクス以上離れていなければならず、各指揮官は、1個以上のSWとともに配置されねばならない。
  5. 無慈悲が両軍に適用される。

トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-18 (火) 22:26:50 (3437d)