tBL-North01.jpg

 オランダ戦の主要部分を再現するシナリオです。ユニット密度や広さがほどほどで、連合軍側の反撃能力がかなり限られているため、ドイツ軍を担当して「自軍ができること」を大づかみするためのソロ練習プレイに最適なシナリオだと考えられます。もちろん、OCS経験者が取り組んでも作戦研究を充分楽しめるでしょう。

 主な勝利条件は、マップ西方や北方にあるオランダの大都市ヘクスに空挺部隊以外の部隊が隣接して、オランダの降伏チェックに成功することです。このために有力な進撃路は上にあげた画像の2つの矢印のうちのどちらか(およびその変形)でしょう。史実では下の矢印が主攻で、上の矢印は牽制攻撃としておこなわれました。

 特別ルールは空挺降下と空輸師団の空輸、特別作戦で1度橋の確保か要塞の確保ができる可能性があることくらいで、非常に量が少ないです。

 第1ターンの第2プレイヤーターン(枢軸軍)から始まりますが、第2ターンのイニシアティブを連合軍が取ってしまうと攻勢が頓挫する可能性がかなりあるので、公式ハウスルールオプションの全採用をお勧めします(第2ターンのイニシアティブを自動的に枢軸軍が取る、など)。

 最短で第2ターンに決着が付く可能性があり、史実では第3ターンにオランダは降伏しており、ゲームは第4ターンに終了します。


添付ファイル: filetBL-North01.jpg 57件 [詳細] fileCIMG027701.jpg 24件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-20 (木) 09:08:21 (1395d)