既に車両が存在する林ヘックスへの進入

  • ページ: 質問
  • 投稿者: Hiro
  • 状態: 質問
  • カテゴリー: ASL
  • 投稿日: 2011-06-18 (土) 10:02:08

完全装軌型車両が林ヘックスへ迂回せずに進入する場合、許容MPの全てを使う場合と半分のみ使う場合の2つの選択肢があります。両者の違いはBOGチェックの+3DRMを受けるか否か。

もし進入する林ヘックスに車両/残骸がある場合、許容MPを全て使う場合を適用できるのか?というのが質問です。

全MPを使用する場合、始動、停止、牽引に用いるMPは対象外ですが、既に存在する車両/残骸に対してペナルティMPを消費する必要があります。車両/残骸のペナルティMPを含めて全許容MPをその林ヘックスで消費すればよいと思っているのですが、ペナルティMP消費は林ヘックス進入とは別物とみなして、全許容MPが林ヘックスへの進入自体に消費されていないので+3DRMが適用されるという意見を受けまして。確認させてくださいませ。


  • ルールブックに事例が無いので判断に悩むところですね。私の意見は「全力移動を宣言するなら」全移動力での進入可能(ボグ判定に+3DRM不要)というものです。  まず前提として、林への進入は「基本」全移動力であるということ。許容MPの半分を使うというのは、完全装軌式車両にのみ与えられた、特別な選択肢なのです。全移動力消費、の規定は質問にも書いてある通りですから、残骸/車両のペナルティMPを加えるわけにはいきません。「全移動力」にさらにペナルティMPですから、「全力移動の宣言」という流れです。  そうでなければ、完全装軌式車両以外の車両は、残骸のある林ヘクスに入れなくなってしまいますものね。 -- 今日も6ゾロ 2011-06-20 (月) 11:58:02

トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-18 (月) 20:25:28 (2710d)