ASL League/2009/シナリオSSR

勝利条件

  • ソ連軍は、ゲーム終了時にへクス7Y10-17Y10(両者含む)の道路/橋ヘクスのいずれかに統制状態ユニット/機能する移動可能なAFVがLOSを引くことができ、同一ヘクスに対して合計16FP以上の攻撃が可能な状態にしていれば勝利。機能するSWの火力も含めるが、ROF、B#、PBF/TPBFなどの追加火力は一切考慮しない。[アニュアルによる追加:50mm迫撃砲は3FPとして計算する]

配置

  • ソ連軍
    • 橋の守備小隊:7AA6から4ヘクス以内で、かついずれかの橋ヘクスにLOSがあるように配置。少なくとも1個MMCを河の西岸に配置すること。
    • 村の守備隊:17R4から5ヘクス以内に配置。コミッサールではないSMCを1個、橋の守備小隊のMMCとスタックさせて配置することができる。
    • 偵察戦車:第2ターンに、地図盤17の北、南、東端のいずれかの道路ヘクスから進入。
  • イタリア軍:地図盤19(地図盤7の半ヘクスと接続された半ヘクスも含む)に、ソ連軍ユニットと隣接しないように配置。ただし、3個以下の分隊(相当)と、1個以上のSMC/SWを7M10から4ヘクス以内に配置してもよい。全てのイタリア軍ユニットは、隠蔽状態で配置できる。

特別ルール

  1. ECは湿潤(Moist)、無風で開始。全ての沼沢地は林とみなす(水障害ヘクスにはみ出してる部分は存在しないものとみなす)。
  2. 7AA8-AA8に、1車線の石造の橋が存在する。各橋ヘクスは全域地形(B.6)とみなす[例外:道路ヘクスサイド(頂点は含まない)のみを通過して橋ヘクスに/を通して引かれるLOSは、橋によるLOS妨害とTEMの影響を受けない]。
  3. 河川は深淵で、南に向けて流れており、速さは静水(Slow)である。以下のヘクスは渡河(B21.41-43)が可能である;7M8、M9、O6、R3、U3、X4。これらのヘクスへの進入に必要とされる歩兵の移動コストは、『全て』ではなく、2MFである。戦車は、これらの渡河可能ヘクスに進入する際、水陸両用MPを消費せねばならない[この戦車は、地図上に進入する際には移動のためのNTC(D14.23)を行う必要はない]。
  4. ソ連軍の「村の守備隊」の全てのユニットは、第1ゲームターンを通じてTI状態である。

トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-18 (火) 23:59:22 (3436d)