背景

  • 場所:HOSNGEN, LUXEMBOURG
  • 日付:16 Dec 1944
  • 概要:第28歩兵師団の第110連隊に、Luxembourg内のOur川とClef側の間にある、 狭い分水嶺を守る命令が与えられた。 連隊はN16街道を跨いで布陣した。第28師団のVirginia兵達には 「Skyline Drive」として知られているこの道路は、 Ardennesを通る数少ない舗装道路の内の一つであった。 連隊は、分水嶺沿いに要塞化された拠点を並べ、 24kmに渡って展開していた。 そしてたいていの拠点に、は装甲戦闘車両や対戦車兵装が増強されていた。 そのような拠点の一つがHosingenの町で、ここにはK中隊と 第103戦闘工兵大隊のB中隊が配置されていた。 12月16日0525、強力な砲撃が始まり、いくつかの建物が燃えた。 しかしアメリカ軍自体は、いくつかのトラックの被害を除いては、 大した損害を受けなかった。濃い霧のため2〜300メートルより先は見ない。 夜が明けていくにしたがって、アメリカ軍の拠点の北と南を、 ドイツ軍部隊が迂回していく音が聞こえてきた。 これは砲撃の始まる前に町の東側の森に集結していた第77擲弾兵師団で、 現在Clervauxの橋を確保するために移動中であった。 0730頃に霧が晴れ始めると、西へと続く幹線道路を支配するため、 擲弾兵部隊は徐々にHosingenへの攻撃し始めてきた。

勝利条件

  • I1とY1の間(両端を含む)から10VP以上脱出した時点でドイツ軍の勝利。 脱出した部隊はそれぞれ、分隊は2VP, 半個分隊は1VP, -2修正の指揮官は3VP, -1修正の指揮官は2VP, 0もしくは+1修正の指揮官は1VPになる。

使用マップ

  • MAP y
    bdy.gif

バランス

  • アメリカ軍:ドイツ軍が勝利に必要なVPを12とする。
  • ドイツ軍:アメリカ軍の初期部隊からFTを1つ除く。

特別ルール

  1. 各Rally Phaseに攻撃側はDRをして、もしこれが10以上だったら 雪が降り始める。また雪が降っている状態で3以下を出すと、雪が止む。 雪が降っている間は、6HEX以上の距離で+1の視認障害が発生する。
  2. アメリカ軍の747分隊は煙幕指数を2増やして5とする。 (つまり5以下で煙幕をだすことができる)

顛末

  • アメリカ軍の拠点はM中隊の重火器に支援され、 機関銃と工兵部隊もトラックから降りて防御戦闘に参加した。 町に足場を築こうとした最初の攻撃が失敗したので、 第2波以降の攻撃が町を占領する為に戦っている間、 ドイツ軍はHosingenを迂回して通らなければならなかった。 圧倒的に無勢の中、包囲され、また弾薬も1日分の補給しか無い中で、 アメリカ軍は、まるまる1個連隊のドイツ軍の攻撃に対して、 Hosingenを18日の朝まで保持し続けた。 20人の人的損害を受けたものの、ドイツ軍に対して 数百人の損害を出させたのは特筆に価する。 しかし弾薬の不足は如何ともしがたく、ついには降伏せざるを得なくなる。 生存者達が捕虜となって歩いていく途中、 彼らは自分らの戦闘によってドイツ軍のLuxembourg再進出に それなりの出血をしいたことを知り、 その事実が捕虜達の慰めとなった。

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-14 (水) 11:36:10 (3290d)