背景

  • 場所:ノルマンディ(NORMANDY),コルヴィル(COLLEVILLE)
  • 日付:1944年6月6日
  • 概要:オーバーロード作戦の最初の数時間は,大規模な混乱の様相を呈していた.特にオマハビーチではその傾向が顕著であった.戦局は進展しているようには見えず,実際,ブラッドリーとアイゼンハワーはオマハ橋頭堡からの撤退を考慮することを迫られていた.しかしながら,より多くの兵力と資材が揚陸されている時,第1波上陸部隊の残存兵力は,一歩一歩,内陸へと食い込みつつあった.第1歩兵師団「ビッグ・レッド・ワン」の戦区では,上陸日の目標地点はコルヴィル村であった。徐々にではあるが,より多くの小隊と分隊がビーチを抜け出て、フランス片田舎へと歩を進め、村へ向けて隊列を組んで進軍を始めていた。無線通信機の不足と,終日の猛砲撃からくる砲煙は、予定されていた海軍による砲撃支援を妨げていた.しかしその地区からのドイツ軍からの砲火が確認されると,村への攻撃命令が下された.コルヴィルは遅滞無く占領されねぱならなった.

勝利条件

  • ゲーム終了時に統制状態のドイツ軍MMCユニットが,M5から3へクス以内の石造建築物に存在しない場合,アメリカ軍の勝利.

使用マップ

  • MAP y
    bdy.gif

バランス

  • ドイツ軍:6+1指揮官を8-0指揮官に変更する.
  • アメリカ軍:ドイツ軍の第2ターンの増援から4-6-7分隊1個を除く.

ドイツ軍戦闘序列

  • 第726歩兵連隊,第352歩兵師団の一部[ELR:3] へクス列H〜R(当該列も含む)に配置
  • 第2ターンに南端から進入

アメリカ軍戦闘序列

  • 第1歩兵師団,第16連隊戦闘チーム,G中隊[ELR:3] へクス列Tより西(当該列も含む)に配置
  • 第1ターンにN10(当該列も含む)より西の北端より侵入(SSR1参照)
  • 第2ターンにJ10(当該列も含む)より西の北端より侵入(SSR1参照)

シナリオ特別ルール

  1. 第1,第2ターンの回復フェイズ(RPh)の最初に,アメリカ軍はdrを行い下記のチャートによりそのターンに受け取ることができる3-4-6HSの数を決める.

顛末 

  • 第726歩兵連隊が守備するコルヴィルは,1944年6月のロンゲストデイにおいて,数度に渡り支配が入れ替わった.ビーチでの混乱は内陸部においても継続しており,統制された攻撃や反撃は稀であった.両軍とも小さな中隊規模のグループが,得られた限られた情報に基づき行動し,そしてリアクションした.18:40,第16連隊の戦闘チームが丁度,村を再占領した時,遂に海軍からの砲撃支援を得ることができた.駆逐艦ハーディング(Harding)の5インチ砲がコルヴィル村に艦砲射撃を浴びせた.これによりアメリカ兵64名が戦死し,これは戦争における最も悲惨な誤認事故の一つとなった.D+1日,コルヴィルは遂に第16連隊戦闘チームの兵士達により制圧された.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-17 (土) 22:16:39 (3013d)