背景

  • 場所:ギリシャ,サランドポロ川渓谷
  • 日付:1940年11月3日
  • 概要:「もう一つの戦争」で勝利し,枢軸軍における対等のパートナーになるというムッソリーニの夢は,彼の外相であり義理の息子でもあるチャーノ(Ciano)伯爵によって推し進められた.最近,征服したばかりのアルバニア総督である彼は,ギリシア軍を打倒できると確信していた.バルカンにおける既成事実をヒトラーに示すことを決めたムッソリーニは,不適切な助言,不適切な計画,不適切な情報に基づく更なるキャンペーンを開始した.この時期にアルバニアからイピロス(Epirus),ピンス(Pindus),マケドニア(Macedonia)山中に侵攻すればそこは冬だった.イタリア兵はギリシャ兵より僅かに劣勢であった.イタリア空軍と装甲部隊に対抗する存在は皆無であったが,これらの戦力を適切な場所に投入することはできなかった.イタリア空軍と陸軍の協力はごくまれであったし,地表の条件は装甲部隊に適していなかった.誤報や作戦上の混乱は,イタリア軍指導部の典型であった. 

勝利条件

  • 10VP以上を西端から脱出させた場合,即座にイタリア軍の勝利となる.各分隊は2VP,各半個分隊及び指揮官は1VPとする.

使用マップ

  • MAP x
    bdx.gif
    へクス列A〜CCが利用可能.

バランス

  • イタリア軍:プレイエリアをA〜Yに減じる.
  • ギリシア軍:進入drの数値について,ターン2を3に,ターン3を6にそれぞれ変更する.

イタリア軍戦闘序列

  • 第3アルピニ師団の一部(SSR1を参照)(ELR:2) 第1ターンに東端より進入.

ギリシャ軍戦闘序列

  • ギリシャ軍の一部(ELR:3) 第1ターンに既に2MFを使用してる状態で東端より進入.
  • ギリシャ軍の側方支隊(SSR2を参照) 

シナリオ特別ルール

  1. イタリア軍のMMGはシナリオ開始時に故障しているとみなす.第2ターンのイタリア軍プレイヤーターンになるまで修理の試みを行えない.
  2. 第2〜4ターンまでのギリシャ軍プレーヤーターンの回復期開始時に,ギリシャ軍はdrを行いターンレコードチャートに記された円内の数値と比較する.数値以下であった場合に,ギリシャ軍の側方支隊が当該ターンに北端又は南端から進入する(ギリシャ軍プレイヤーが選択).一度,ギリシャ軍の側方支隊が進入したならば,以降drは不要である.
  3. 麦畑は効果が影響する季節にある.
  4. ギリシャ軍MMCは混乱状態の指揮値が1増加する.

顛末

  • 10月28日,イタリア軍の攻勢は,航空優勢が期待できない雨の中を開始された.攻撃の中央部では,14,000名から編成される第3アルピニ師団が,サランドポロ川渓谷を登って進撃していった.そこで彼らは8000挺のライフルと機関銃を装備したギリシャ軍の山岳兵と遭遇して阻止された.ギリシャ軍部隊同士の密接な連携能力は,ギリシャ軍が一連の反撃において古典的な浸透戦術の実施することを可能とした.これによりギリシャ軍は多くの捕虜を得た.イタリア軍が谷を下って後退すると,ギリシャ軍は既に尾根に沿って先回りしており,唯一の撤退路を閉鎖してしまっていた.ギリシャ軍が彼らをアルバニアの奥深くまでに追い返すのにそう時間はかからなかつた.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-31 (水) 03:51:56 (3577d)