背景

  • 場所:ビスカリ駅,シシリー
  • 日付:1943年7月10日
  • 概要:薄暮の時刻,アメリカ第7軍は成功裏のうちにリカタ(Licata)及びジェラ(Gela)に上陸した.イタリア軍とドイツ軍は,互いの計画を無視して,橋頭堡への突破を意図した別々の反撃計画を立案していた.ジェラ地区では,上陸地点の東側にヘルマンゲーリング降下装甲師団の2つの戦闘団が攻撃を開始した時,既にイタリア軍の機動装甲兵力が攻撃を行っていた.戦闘団のうちの一つはビアノルポ(Piano Lupo)でアメリカ軍と交戦状態に入った.もう一つの戦闘団は,ビスカリ駅で経験の浅い第45歩兵師団「サンダーバーズ」と交戦を開始した.ドイツ軍のティーガー戦車は密集したオリーブ果樹園地区では身動きがとれず,ドイツ軍の歩兵は装甲兵力の支援無しでアメリカ軍を制圧しなければならなかった.

勝利条件

  • ドイツ軍は,アメリカ軍に11VP以上を与えていない状態で,9VP以上が南端より突破した瞬間に勝利する。VPはドイツ軍の突破兵力をドイツ軍に,ドイツ軍の除去兵力をアメリカ軍に与える.VPは,突破あるいは除去されたドイツ軍1個分隊につき2VP,半個分隊につき1VP,各-1SMCにつき2VP,各0あるいは+1SMCにつき1VPで計算する.

使用マップ

  • MAP w
    bdw.gif
  • MAP x
    bdx.gif
  • ボードWのU〜GG列,ボードXのA〜E列を使用.

バランス

  • アメリカ軍:60mmM2迫撃砲をアメリカ軍の戦闘序列に加える.
  • ドイツ軍:MMG1挺をドイツ軍の戦闘序列に加える.

アメリカ軍戦闘序列

  • 第45師団,第180連隊,第1大隊の一部及び第82空挺師団の散り散りとなった歩兵達[ELR:2] 地図上の任意の場所に配置

ドイツ軍戦闘序列 

  • へルマンゲーリング降下装甲師団,第1装甲擲弾兵連隊の1部[ELR:2] 第1ターンに北端より進入

シナリオ特別ルール

  1. 全てのボード外の地形は存在するものとして取り扱う.

顛末

  • シシリー進攻前に連合軍側の報道陣から一流部隊と称えられてたヘルマンゲーリング師団は,実際には再編成により以前の部隊の抜け殻となった状態であった.ビスカリ駅への攻撃は,同師団の低い指揮能力,装備,訓練不足という実態を露呈してしまった.未だ疲労していないアメリカ軍は,シェーファー(Shaefer)中佐に率いられていた.アメリカ軍は酷く劣勢であつたが,最初のドイツ軍の攻撃を食い止めようと努力し,ドイツ軍の突破を午後まで遅らせることができた.サンダーバーズの他の大隊が反撃を開始すると,ドイツ軍はパニックの陥り戦場から逃走を始めた.かくして橋頭堡は救われた.一流のはずのドイツ軍は,イタリア軍よりも橋頭堡を脅かすことができなかったのである.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-29 (月) 20:42:00 (3641d)