背景

  • 場所:ギリシャ,コリントス(KORINTHOS)
  • 日付:1941年4月26日
  • 概要:W部隊を構成するイギリス,オーストラリア,ニュージーランド,ギリシャの各部隊は,天然の峠や強化防御地点を用いた遅滞戦術を繰り返し,バルカン半島を後退してきた.イギリス艦隊はクレタ島に集結し,大陸から連合軍を救出するミニ=ダンケルク作戦が計画されていた.連合軍は,コリント運河(Corinth Canal)を渡りさえすれば比較的部隊が安全になると判断していた.コリント運河は,コリント地峡を横断しており,ペロポネソス半島とギリシャ本土とを隔てていた.部隊が運河を渡り終えた後,この運河を渡る唯一の橋梁を爆破する計画であった.一方,ヒトラーはこれを,彼の指の間からすり抜けようとあえぐ,大規模なイギリス軍部隊を包囲するまたとないチャンスであると見ていた.4月20日,彼は計画を決定した.橋梁を奪取し,運河の北側で退却中のイギリス連合軍を包囲するとともに,更に彼の装甲部隊を運河の南側へ突破させて,新しく命名されたANZAC軍団なるものを海岸線で包囲するのである.具体的には,6機のグライダーに分乗した54名の強襲部隊が,橋の近くに着陸し,これを占領する.同時に第2降下猟兵連隊のパラシュート兵2個大隊が橋梁の近くに降下し,橋梁を増強して完全な支配化におくのである.計画は完全な形でスタートを切った.しかし不可解なことに,ドイツ軍のグライダー降下兵達は,橋梁の下から取り外した爆薬を橋梁の上に積み上げておいたのである.間も無く,イギリス,オーストラリア,ギリシャ兵の混成中隊による反撃が始まった.そして,突然,積み上げておいた爆薬が爆発して橋梁を破壊してしまったのである.橋梁の残骸からの黒煙が立ち上る中,Ju-52輸送機群が飛来し,2個降下猟兵大隊を戦闘地域に降下させ始めた.

地図

  • MAP x
    bdx.gif

バランス

  • 連合軍:4-3-7分隊1個をギリシャ軍の戦闘序列に加える.
  • ドイツ軍:9-1指揮官を9-2指揮官に変更する.

勝利条件

  • ドイツ軍は,3つのイギリス軍の対空砲のすべてについて、破壊、捕獲、もしくは捕獲していない状態でそのヘクスを単独でドイツ軍が占拠しているかのいずれかの状態にすれば、即座に勝利する.

連合軍戦闘序列

  • W部隊の混成中隊の一部[ELR:3] 指示に従い配置する.
  • W部隊のイギリス軍部隊 全ての建造物から3へクス以上離れた任意のへクスに配置する.他の1つの対空砲から5へクス以内としなければならない.他の対空砲と隣接させてはいけない.
  • ANZAC軍団のオーストラリア部隊の一部 任意のへクスに配置
  • W部隊のギリシャ軍部隊 イギリス軍とオーストラリア軍ユニットの配置されていないへクスに配置

ドイツ軍戦闘序列

  • 第2降下猟兵連隊,第II大隊,第5中隊の一部[ELR:5] 第1ターン及びそれより後に任意のへクスから進入

シナリオ特別ルール

  1. 連合軍の指揮官は,国籍の異なる部隊(イギリス軍とオーストラリア軍は同一国籍とみなす)の回復及び指揮を試みる場合,+1DRMペナルティを受ける.
  2. 対空砲は初期隠匿配置HIP(6.4)を用いないでセットアップする.
  3. イギリス軍歩兵操作班とオーストラリア軍一線級部隊は萎縮しない(3.2.2).
  4. 麦畑の効果は影響を及ぼしていると考える.

顛末

  • 橋梁の爆破をよそに,降下猟兵達は正確な降下を実施した.後続の降下部隊を援護するために,地上に降下した先発チームの攻撃目標は,橋梁周辺の幾つかの対空砲陣地に設定されていた.第II大隊,第5中隊は,橋梁の南に降下すると,直ちに11箇所の対空砲を破壊した.そして橋梁の南端を守備していた混成中隊の残余を速やかに掃討した.橋梁の破壊は,ANZAC軍団の一部が運河の北側で包囲されることを意味していた.しかしドイツ軍は,ポンツーン橋が仮設されて,運河が通行可能になるまでは,残る部隊を追撃することはできなかった.またしてもヒトラーのプライドは傷つけられたのである.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-14 (土) 10:54:49 (2598d)