背景

  • 場所:フランス,ポワント=デ=コルサン
  • 日付:1944年8月28日
  • 概要:D-Day後,ブルターニュ半島での最初の作戦において,多くのレンジャー部隊が第8軍団の軍団予備に配置され,軍団の保安や捕虜監視などの簡易な任務に就いていた.第2レンジャー大隊のA中隊とC中隊から構成されるアーノルド任務部隊は,捕虜監視任務を解かれ,ブルターニュ海岸に向けて西進し途中のドイツ軍の防御拠点を掃討するように命令を受けた.そうした防御拠点へと移動中に,彼らは自由ブランスの国内部隊(Free French of Interior:訳注 レジスタンス部隊を再編成した軽歩兵部隊?)を発見した.レンジャー部隊は,こうした部隊でしばしば通常の戦術組織を補強したことがあった.FFIは,時として信頼できない場合があった.そして様々な古い兵器や捕獲兵器で武装していた.FFIの実力のほどは,未知数であるというのが最も的確な表現だった.協議の後,レンジャーは攻撃を決意した.

勝利条件

  • 連合軍は,ゲーム終了時にSSR1.で示されているVP以上を確保すれば勝利.ドイツ軍1個分隊除去につき2VP,半個分隊除去につき1VP,-1指揮官除去につき2VP,0又は+1指揮官除去につき1VPとする.加えて,連合軍は第4ターン終了時に30へクス以上の丘へクスを支配していれば自動的に勝利する.全ての丘はゲーム開始時にはドイツ軍に支配されている.

使用マップ

  • MAP v
    bdv.gif
  • MAP u
    bdu.gif
  • ボードvのへクス列R-GGとボードuのW-GGが使用可能.

バランス

  • ドイツ軍:7-0指揮官を9-1指揮官に変更する.
  • アメリカ軍:チャート1の全てのVPを2減じる.

ドイツ軍戦闘序列 

  • 第25軍団の一部[ELR:2] ボードuのへクス列BB以北及びボードvのへクス列V以南に配置

アメリカ軍戦闘序列

  • 第2レンジャー大隊,A中隊の一部,自由フランスの国内軍の隊員[ELR:5] 第1ターンに北端より進入.
  • 脱走し武装したロシア人捕虜部隊 ボードuのへクス列Z以南に配置.

シナリオ特別ルール

  1. ドイツ軍のセットアップ終了後,アメリカ軍プレイヤーはチャート1でdrする.これにより受け取るユニット数と勝利するためのVPを決定する.
  2. ドイツ軍は第5ターン以降,ボードuの南から統制状態の部隊を離脱させてよい.これらの離脱部隊は連合軍の勝利ポイントの対象とはならない.
  3. 全てのロシア軍ユニットは,回復期に自己回復を試みることができる.
  4. 自由フランス部隊5-3-6/2-2-6は,未熟兵ペナルティを受けない.また煙幕能力を持たない.アメリカ軍の6-6-7/3-4-7は,士気値に下線があるものとして,即ちELRの影響を受けないものとして扱う(5.1).
  5. 藪(Brush)のみが描かれている全てのへクスは果樹園(Orchard)へクスとして扱う.他の地形とともに描かれている藪(Brush)は,そのまま藪(Brush)として残る.
  6. ロシア軍,アメリカ軍/FFIとも,異なる国籍のMMC/SMCに指揮能力DRMを適用することができない(訳注:特に記述はないがアメリカ軍とFFIは同一国籍と考えてよいのであろう).

顛末

  • 幸運なことにレンジャー部隊は,ただヨゼフ351 (Joseph 351) として知られる男に率いられて自ら武装した脱走ロシア軍捕虜の一群れを発見した.このロシア兵の一群れはドイツ軍の南方への退路を遮断し,元の陣地まで押し戻した.レンジャー部隊がFFIを伴って西と北から攻撃を開始すると,ドイツ軍は守勢に立たざるを得なくなった.しかし今度は,ドイツ軍が粘りを見せて踏みとどまり,アメリカ軍が一旦後退することとなった.ところが翌日,ドイツ軍の斥候がロシア人によって殺され,ドイツ軍は降伏するよう説得されたのである.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-12 (月) 02:07:52 (3506d)