背景

  • 場所:ポーランド、ザブレジェ(Zabrese)
  • 日付:1939年9月5日
  • 概要:スロバキア国内ではポーランドとの国境紛争がいまだ解決されないことについて不満が高まりつつあった。 高タトラ山地には多くのスロバキア人が居住しており、政治的解決を困難にしていたのだ。 1939年9月1日、ドイツがにポーランドに侵攻すると、続いてスロバキア軍第1歩兵師団も侵攻。若干の抵抗にあったものの、散在する村々と高タトラ山地のポーランドの町、ザコパネ(Zakopane)を占領した。 9月4日、スロバキア軍の先導部隊がザブレジェ(Zabrese)を過ぎたあたりでポーランド軍の第2山岳旅団(ノヴィ・ソンチ旅団)と砲兵部隊によって足止めされた。 ノヴィ・ソンチ旅団は精鋭の山岳ライフル兵、辺境防衛隊および予備役兵で構成されていた。ポーランド軍は地元住民の手引きを受け、翌朝に反撃を計画した。

勝利条件

  • ポーランド軍はゲーム終了時に複数へクス建築物を1つ以上支配していれば勝利する。

使用マップ

  • MAP q
    bdq.gif
  • へクス列K-GGが使用可能

バランス

  • スロバキア軍:第2ターンのポーランド軍の増援を第4ターンとする。
  • ポーランド軍:スロバキア軍戦闘序列からMMGを1挺取り除く。

スロバキア軍戦闘序列 

  • 第1歩兵師団第4連隊第3大隊の一部 地図上に配置する(SSR2参照):

ポーランド軍戦闘序列

  • カルパチア軍第2山岳旅団の一部 第1ターン、地図盤北端より進入する:
  • 第2ターン、西端または東端から進入する(SSR1参照):

特別ルール

  1. スロバキア軍の配置に先立ち、ポーランド軍は第2ターンに増援が登場するへクスを秘密裏に記録する。ユニットは指定されたへクスから2へクス以内のへクスに登場しなければならない。
  2. スロバキア軍はCC列を含めそれより北には半個分隊3つまでしか配置できず、分隊を配置することはできない。また支援火器や指揮官をそれらと共に配置することもできない。

顛末

  • ポーランド軍はすばやくスロバキア軍を攻撃できる位置に付くことができたが、白兵戦による激しい反撃を受けた。 ポーランド軍の生き残りは、他の部隊と合流し、ガリシア方面まで撤退した。 スロバキア軍は1日追撃を行ったが、その後はドイツ第14軍団が引き継いだ。 結局、第14軍団がノヴィ・ソンチ旅団を捕捉できたのは同旅団がルーマニア橋頭堡まで撤退してからであり、同旅団はクラスノ(Krasno)で撃破された。 ヒトラーによるポーランド侵攻への助力の結果、スロバキアは自らが主張する国境線を手に入れた。 ヒトラーはザコパネ(Zakopane)を保養地とするよう提案したが、スロバキア政府は当地にスロバキア人が居住していなかったためこれを拒否した。 9月の戦役が終了した後、スロバキア軍は軍の再編に着手。1941年、ドイツはロシアに侵攻、ヒトラーに再び手を貸すことになる。

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-13 (火) 14:18:35 (1618d)