機動状態のAFVのDFPhでのMA射撃修正について

  • ページ: 質問
  • 投稿者: Hiro
  • 状態: 質問
  • カテゴリー: ASL
  • 投稿日: 2011-07-31 (日) 00:12:35

機動状態のAFVがDFPhにMAを撃つ場合の射撃側修正について確認させてください。

機動状態ということで、スタビライザーなしの場合、C4=C/C1/C2 & lower dr *2 ですが、この場合の事例Cに含まれる事例Bは+2が適用されるのでしょうか?

普段はそのまま、事例Bの+2を適用していましたが、ルールを読み返してみると、事例Bでは、Fire in AFPh .... と記述されているので、DFPhでは適用されないとも理解できるのですが…。


  • 事例Cに内包される事例BはDFPhであっても適用されます。事例BはAFPhに関する修正ですが、事例Cにはそのような制限はありません。事例Cに内包される事例Bは、事例Cの計算ベースとなっているだけです。D章9Pの移動中射撃の例で、MPhでの射撃にもかかわらず事例C1の修正地が+5(事例B;+2、T砲塔;+2、MP消費2.5〜3;+1)であると記述されていることからも明らかです。 -- 今日も6ゾロ 2011-07-31 (日) 07:22:41
  • 先日の対戦中私もそれが気になりましたので、あらためてルールを見直してみましたところ、C5.3項の事例C自体が「事例Bの+2DRMに加えて」となっておりますので、事例C/C1/C2を使用する場合には必ず事例Bが含まれるものと理解しました。 -- 舞方雅人 2011-07-31 (日) 10:19:12
  • 今日も6ゾロさま、回答ありがとうございます。舞方さまも納得済みということで了解しました。 -- Hiro 2011-07-31 (日) 10:47:50

トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-24 (水) 12:01:52 (2306d)