AFVに搭載されている MAの FTへの Case A-C4の処理

  • ページ: Questions
  • 投稿者: Goma
  • 状態: 質問
  • カテゴリー: ASL
  • 投稿日: 2007-06-28 (木) 13:04:52

AFVに搭載されている火炎放射器への IFT DRMについての質問です。Case Aは有効。しかし BFFの場合は MPを消費してターゲットを CAに入れないといけないので NA。Case Bは FTなので無効。Case C4は D2.42により有効。以上が僕の現在の理解です。まず、これで正しいでしょうか? そして次に、Case Cと C1と C2をどう処理するのかも教えてください。


  • Queston/12で同じ質問が出てました。失礼。 -- Goma 2007-06-29 (金) 00:33:04
  • BU +1は入りますよね? BUであった場合。 -- Goma 2007-06-29 (金) 05:29:28
  • BUの +1は Ordnanceを使用した場合に適用なので、これも無効ですな。Aと C4(これは FP 1/2)のみ有効ということか。 -- Goma 2007-07-01 (日) 04:02:52

トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-01 (日) 04:02:52 (4034d)