背景

  • 場所:VIERVILLE, FRANCE
  • 日付:7 Jun 1944
  • 概要:D+1日目に第101空挺は既に2正面作戦に巻き込まれていた。コタンタン(Cotentin)半島に分散した自身の部隊を集結させること、米軍が上陸するユタ(Utah)海岸を守るために、東向きの堅固な堡塁を築くことである。ユタ海岸の上陸地点から数キロにあるヴィエルヴィル(Vierville)は、D-Dayにアメリカ軍によって解放された。この町は交通の要衝で、ヴィエルヴィルを通る南西方向へ続く道は、ユタ海岸からドイツ軍の拠点のあるサン・コム・デュモン(St. Come du Mont)へと通じている。6月7日の朝、第506空挺連隊第2大隊の部隊がサン・コム・デュモンに向かってヴィエルヴィルから出てしまったため、一時的な空白状態が発生した。ドイツ軍はこの隙を捉え、サン・コム・デュモンへの道を寸断すべくヴィエルヴィルに対して一連の反撃を開始した。

勝利条件

  • ゲーム終了時にN5,N6,M4およびL3の建物に、 統制状態(Good Order)のドイツ軍がいなければ、 アメリカ軍の勝利。

使用マップ

  • MAP y
    bdy.gif

バランス

  • アメリカ軍:L3の建物を勝利条件の対象から除く。
  • ドイツ軍:第3ターンの援軍に548を一つ追加する。

初期配置

  • アメリカ軍:N3,N4,M5,L5のそれぞれに1つ以上のMMCがあるように配置。

特別ルール

  • なし

顛末

  • 第506空挺連隊第1大隊の小部隊がヴィエルヴィルに急行し、 ドイツ軍とののっぴきならない戦いに身を投じた。 戦いの趨勢は何度と無く入れ替わった。というのも、両軍とも何度かに渡って途中で援軍がやってきたからだ。 最終的にはアメリカ軍の意地と火力が勝り、 激しい戦闘の末、ドイツ軍はヴィエルヴィルの束の間の支配を放棄した。

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-30 (水) 20:51:07 (1147d)