j4cover.jpg

発売日

2002年

表紙

by Ken Smith

「ヨーロッパの田園風景にたたずむイギリス軍機械化部隊」
表紙が、強烈にモデラーの琴線に触れるイラストに変わりました。
田宮のブレンキャリアーを作りたくなる一枚です。
ブレン機銃を構えた兵士のポーズ、エンフィールドライフルに弾丸を装填する兵士、 「手前にちらりとあるキャリアーの配置」など、実にすばらしい。

広告

  • Valor of the Guards
  • HSASL Operation Veritable

挨拶(A View From The Bullpen)

by Curt Schilling

この時、御大は怪我をしていたのだった。
Ortona:Little Stalingrad や、Red October といった魅惑のラインナップもアナウ ンスされているのですが…。

Carriers

by Ian Daglish

キャリアーに関する、非常に有益な考察記事です。
素晴らしい。
必読です。
キャリアーが出てくるシナリオに普遍的に適用したほうがよいと思われるSSR の提案もなされていて、キャリアー愛を感じます。

The Fine Art of Bushwhackin’

by David Olie

「不意打ち」に関する包括的な分析記事です。
記事内容の多くはルールの確認なのですが、大量のルール内に散逸していることもあ り、まとめて読むことができるのは有意義でしょう。

Inventorying Your Overlays

オーバーレイのリストです。
とても有益。
でもこれってMMP のサイトで公開してもいいレベルのものなんじゃないかな?

For Kings & Country Scenario Errata

エラッタというよりは・・・FKaC で改定されて再録された過去 のシナリオたちについて、今回どこが改訂されたのかを示したもの です。

Hall of FAME

by Robert Wolkey

ASL の「2002 年 シナリオの殿堂入り」に関する記事です。
15のノミネートシナリオから選ばれたのはA68 Acts of Defiance でした。
次点はA25 Cold Crocodiles。
未プレイの方は早速カードを取り出してください。
どちらも大変面白いシナリオです。
それとは別に、「ベスト入門シナリオ」も選ばれていました。
10 のノミネートシナリオから選ばれたのは、なんとT2 The Puma Prowls でした。
AFV 入門用として、これ以上のシナリオはないということでしょう。
次点はシナリオA The Guards Counterattack でした。

Spotlight on The Forgotten Vehicles

by Charles Markuss & Shaun Carter

題名のとおり、マイナー車両に目を向けた記事です。
冒頭のキャリアーの記事に続いて、マニアの愛を感じます。
ここで取り上げられているのは、Indian Pattern Carrier MKII。
知りませんよ。。。
ゲーム上の分析記事ではなく、純粋なヒストリカル記事です。

Abandoned at The Edge of The World

by Laurent Closier

インドシナ半島の全般的なヒストリカル記事です。
執筆者のLaurent Closier にとっては、こちらが「本領」というところでしょう。

J24:Smashing the 3rd

by Matt Shostak

シナリオJ24 に関する詳細な分析記事で、大変有益です。
大き目のシナリオですが、プレイはしやすく、バランスも良好です。
ただ、筆者はドイツを受け持って10 両の4 号戦車のうち6 両をMA 故障に陥らせ1 ターンで投了したり、別の対戦でやはりドイツを受け持ち1 ターンでソ連の指揮官を全員狙撃で打ち倒して1 ターンで投了させたりと、このシナリオをまともに終えた記憶が少ないのです。

Debriefing

おなじみ、Q&A とエラッタです。
第2版ルールのエラッタは日本語版に反映されています。
ジャーナルのシナリオに関するエラッタが多数載っています。

Tips for Learning ASL

by John Slotwinski

ASL を学ぶ上での「心構え」集といえるものです。
ウイットがあり、面白い読みものです。

Mission JM2 Bloody Omaha

SASL 用の追加ミッションです。
タイトルを見るとグッと来ますね。
でもSASL だ。

Tigers on the Sturm

タイトルはRiders on the Storm からでしょうか。
Oparation Veritable に入るストムティーガーの紹介です。

Hit‘Em High、or Hit‘Em Low

by Simon Spinetti

軽迫撃砲に関する包括的な記事です。
経験則からわかっていることが多い内容ではありますが、シナリオへの登場頻度を考えると、軽迫撃砲に関してはよく知っておくべきでしょう。

Bolts From Above

アニュアルではよく見られていた「冗談ルール」です。
雷雨の天候に関するものです。

Endless Subscription FAQ

永続定期購読に関するFAQ です。

Tips From the Trenches

  • 「街路戦闘の不意打ちDRM が使えることと、実際に『不意打ち』を取ることとは別物なんだよ。」
  • 「格闘戦で攻撃を仕掛けたら、格闘戦でやり返されることを忘れずにね。」

その他

  • 生垣オーバーレイ 1 枚
    • TAC シナリオでも使われていたものがついにオフィシャル化です。

シナリオ

  • J66 Sound Retreat
  • J67 The Lawless Roads
  • J68 Unlucky Thirteenth
  • J69 The Army at the Edge of the World
  • J70 Just an Illusion
  • J71 Tomforce
  • J72 Cahier Carriers
  • J73 Tired and Unsupported
  • J74 Priest on The Line
  • J75 My Lonely Valentine
  • J76 Ultimate Treachery
  • J77 Moses’ Blazes


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-12-23 (水) 15:00:25 (3582d)