背景

  • 場所:ハンガリー,パスポクラダニィ(PSPOKLADANY)
  • 日付:1944年10月10日
  • 概要:赤軍がハンガリーへとスチームロールを開始した時期においては,ドイツ軍の重戦車部隊は非常に稀な存在となっていた.9月の終わりまでに,プリーイェフ(Pliyev)の機械化騎兵集団は,オラデア(Oradea)付近で国境を越え,デブレツェン(Debrecen)の農業中心部を脅かした.枢軸軍の大義にとってさらに都合の悪いことに,多くのハンガリー軍部隊がソビエト側に逃亡を始めていた.ドイツ軍は,ハンガリー軍部隊の逃亡を止めるために勝利を必要としていた.マリノフスキー元帥がプリーイェフ機械化騎兵集団の3個軍団とともに,ハンガリーの北方平原に進入してきた丁度その時,マキシミリアン=フレッター=ピコ(Maximilian Fretter-Pico)に率いられた第6軍は,3個装甲師団とともに再編成されているところであった.その中にはティーガーII大隊も含まれていた.ドイツ軍が最後の同盟軍を維持しようと行動を起こした時,両軍ともまだ双方の配置には気づいていなかった.

勝利条件

  • ドイツ軍は,ゲーム終了時に9つ以上の複数へクス建物を支配していれば勝利する.

使用マップ

  • MAP v
    bdv.gif
  • MAP u
    bdu.gif
  • MAP t
    bdt.gif

バランス

  • ロシア軍:8-0指揮官をドイツ軍の戦闘序列から削る.
  • ドイツ軍:勝利条件の建物の数を9から8に減じる.

ロシア軍戦闘序列

  • 第33狙撃軍団の一部[ELR:3] へクス列Yよりも南に配置(当該列を含む)
  • 第6親衛戦車軍の一部 uZ5から2へクス以内に配置
  • 第6親衛戦車軍,第71重戦車連隊の一部 第1ターンに北端より進入

ドイツ軍戦闘序列 

  • 第1装甲師団の一部[ERL:3](グループ1) 東端より進入(SSR 1参照)
  • 第503重戦車大隊及び第23装甲師団の一部(グループ2) 西端より侵入(SSR 1参照)

シナリオ特別ルール

  1. セットアップに先立ち,ドイツ軍プレーヤーは,どちらのグループが第1ターンに進入し,どちらのグループが第2ターンに進入するかを密かに選択しておく.どちらのグループも一度しか選択できない.
  2. ロシア軍6-2-8/3-2-8ユニットは士気値に下線を有するものとする.よって,ELRの影響を受けない(5.1).

顛末

  • ドイツ軍とロシア軍,二つの攻勢は同時に開始された.変化の多い両軍の機動は,包囲側と被包囲側の判別を困難なものとした.しかしながらこれは,ドイツ軍が得意とするタイプの戦闘であった.数日後,ドイツ軍は戦術的な優越性を見せるようになってきた.戦闘はデブレツェンの周辺で数週の間吹き荒れた.そして最終的にロシア軍は,ブタペストへの進軍を一時中断したのである.国防軍の勝利に加え,ロシア軍の一般市民に対する残虐行為に関する報告が,ハンガリー軍をナチの側に留まらせる結果となった.このような勝利が,残りの戦争期間で再び繰り返されるようなことはなかった.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-30 (水) 18:14:46 (1601d)