LOS外のユニットに対する迫撃砲の射撃

  • ページ: Questions
  • 投稿者: mocha
  • 状態: 質問
  • カテゴリー: ASL
  • 投稿日: 2007-09-05 (水) 18:10:54

林−小峡谷へクスの底にのみ部隊がいるときの迫撃砲の射撃の可否およびDRM、また、その部隊が移動中であった場合について、教えてください。

また、クレスト状態の部隊がいなくても、小峡谷ヘクスへLOSが通れば、小峡谷へクスの底にいる部隊を迫撃砲は撃てますか。

よろしくお願いします。


  • 初めの質問について:『部隊』は目標なのでしょうか。射撃側なのでしょうか。『移動中なら』とあるので、目標としてお答えします。2つ目の質問の回答にもなるでしょう。迫撃砲はATTを使用するので、へクスにLOSがあれば『どこにでも撃てます』。目標が見えていても、いなくても。さらに、直接弾道の火器と異なり、そのへクス内の『LOSが無い区域』へも命中の可能性があります。この場合は地上レベルにLOSがあればそのへクスを撃つ事ができ、ささらには見えない『底』へも命中を与えられうるわけです。目標が移動中であるなら、その射撃は臨機射撃として行われるのでしょうから、移動中のユニットにLOSが無ければ撃つことはできません。問題はTH-DRMですね。C3.33には『非隠匿状態の目標で一番命中しづらいもの』とあります。地上レベルに敵がいなければどう判断すべきか。撃てる、のはC6.521がありますから間違いありません。明確な答えはありませんが、地上レベル(クレストレベル)に敵がいるとみなしての各種LOS妨害に加え、事例Kの+2を適用するのが妥当だと思われますが、いかがでしょうか。 -- 今日も6ゾロ 2007-09-05 (水) 20:15:25
  • 蛇足ながら。ここ(C3.33)の迫撃砲によるLOS外への命中判定は、ルールに完全なバグのあるところです。ある建物の地上と2階(1st)に敵の部隊が見えており、その裏手を迂回中の車両(これはLOSの外)がいたとしましょう。そして迫撃砲と建物の間には5へクスにわたる麦畑が。ここで迫撃砲が車両にも命中を与えるためには、地上の目標に(妨害DRM+5)まずHITさせねばなりません。しかして、この射線内にAFVが鎮座し、妨害DRMの累計が+6になったとしましょう。すると地上レベルへのLOSは遮断され、見えるのは1stの敵のみ。妨害DRMなしでこれに命中を与えれば、LOS外の目標にも当たるわけで、、、AFVが来て『地上が見えなく』なったら、より命中しやすくなっちゃうというこの不思議。英文を読んでも解決しないのですが、どうしたもんでしょうね。 -- 今日も6ゾロ 2007-09-05 (水) 21:22:39
  • 詳細な解説、ありがとうございます。 J41で問題になりそうなところでしたので、質問させていただきました。 わたしたちの対戦でも、見えてない+2DRMを適用して処理しました。 -- mocha 2007-09-05 (水) 22:23:22

トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-04-10 (土) 19:08:38 (3140d)