T-35の副砲塔の射界、その他

  • ページ: 質問
  • 投稿者: mocha
  • 状態: 質問
  • カテゴリー: ASL
  • 投稿日: 2009-03-16 (月) 01:00:59

多砲塔の戦車、未経験なのでご教授願います。

まず、H章のT-35の図(H28C)をご覧下さい。

この図からは、45LとMGはそれぞれ180°の射界を持つように見えます。

ここで質問です。右側前面の45Lは、左上隅の黒い線がちょうど真ん中を通っているヘクス(同様に右下隅のヘクス)にいる敵を撃つことができますか。

また、上記ヘクスは左側後面の45Lでも撃てるのでしょうか。

次に、H章に書かれているintensiveFire禁止は45Lのみに適用され、75mmはintensiveFire可能である、で良いのでしょうか。

よろしくお願いします。


  • 質問1:ヘクスにより異なります。よくH章ルール本文をご覧ください。右前方砲塔は「(T35の目標としての)右側面+前方CA」内を撃つことができます。左後方砲塔は「(T35の目標としての)左側面+後方CA」 に撃つことができるのです。ご質問の右前方砲塔であれば、左上隅のヘクスは撃てないが、右下隅のヘクスは撃てる」ことになります。この図は、そのまま直線を延長しても使えないというのがお分かりになるでしょう。 質問2:インテンシブの禁止は、明らかに45Lに関する記述でしょう。・・・もちろん、裏面のs9は主砲塔の76mmのものですね。明確な記述はないですが。 -- 2009-03-16 (月) 18:52:15
  • 上のコメントは私が書き込んだものです。 -- 今日も6ぞろ 2009-03-16 (月) 18:53:09
  • 早速の回答ありがとうございます。D3.1 CAとD3.2 Target Facingを読み直して納得しました。 -- mocha 2009-03-16 (月) 23:10:08

トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-18 (火) 22:42:45 (2981d)