j7_small.jpg

発売日

2006年

表紙

by Ken Smith

「塹壕の中、様子を伺うソ連兵と周囲を走る2 号戦車」
手前の兵士はPPSh、後方の兵士はモシンナガン小銃、一番後ろの負傷した将校はコミッサールだろうか?
ナガンリボルバーを構え、引き金に指がかかり、撃鉄が起きている!
ああ、田宮の2号戦車を…以下略。

Debriefing

おなじみ、Q&A とエラッタです。
第2版ルールのエラッタ、およびAoO の追加ルールに関するエラッタは日本語版に反映されていません。
要チェックです。

広告

  • The Devil’s Cauldron
  • HSASL Operation Veritable

挨拶(A Word From the Editors)

AoO の出版でほっとしているようです。
BRT のプレイガイド、DB、CdG のリプリント、CoB&GH のリプリント、アクションパック3にOrtona:Little Stalingrad、Red October、そしてHakkaa Päälle といった過去からのプロジェクトに加え、Sword and Fireや、Festung Budapest といった名前も登場。
そしてSK3 のアナウンスもあります(このジャーナル7にはボードv がお試しで付録に ついています)。
さて、この中で実際に出版されているのは…。
この挨拶とは別に、「プレイテスター募集」「ジャーナルの記事を書く人募集(ページ30 ドル。安いんじゃない?)」「How to Playものの記事、リプレイ記事、シナリオやユニットの分析記事を特に募集」「ASL ジャーナル8 の記事募集。PTO、日本軍、海兵隊に関する記事求む」の囲み記事あり。
やはり、枯渇中の様子。

The Blue Devils

by Steven Swann

クロアチアの第1軽歩兵落下傘大隊に関するヒストリカル記事です。
シナリオの背景として、興味深い読み物です。

The Commissar Dialectic

by Bruce Probst

コミッサールに関する、ほぼルール紹介といってよい記事です。
ですが、コミッサールに関するルールは散逸しておらず、取りまとめることに意義があまり感じられません。
ざっと目を通して確認する程度でよいでしょう。

Got OVHS?

By Oliver Giancola

シナリオHS26 Got Milk?に関する、詳細な分析記事です。
Operation Veritable に同梱のシナリオで、やや販促の意味があるのかもしれません。
記事の最後にはOperation Veritable の値下げの広告がありました。

Hungry Hungry HIPpies

by Mark Pitcavage

HIP に関する包括的な考察記事です。
広範囲に、具体的な事例も交えながら詳細に分析がなされており、読み応えのある記事になっています。
経験値の高いプレイヤーにとっては経験則から導き出せるものかもしれませんが、体系的にまとめてある記事は一読の価値があります。
ただし、驚くべき内容が含まれているわけではありません。
入門者にとっては、「いろいろな考え方」を痛い目にあわずに学べる教材になっています。

Tommy Atkins at War Revisited

by Charles Markuss

後編です。後半15 ページに渡ってこの記事の後編というのは、さすがにつらい。

Feline On-Board Artillery(FOBA)

これも「冗談ルール」です。
今回は、なんと、ぬこちゃんによる地図盤に対する攻撃に関して。
常にHIP で配置され、突然、地図盤全域に対して地域目標攻撃をかけ、dr1−6 でCH を与え(笑)攻撃終了後はまた隠匿に戻るというもの。
詳細が気になる方は原文へ!

Tips From the Trenches

  • 「残留火力は煙幕の向こう側では減衰するけど、煙幕の中には残せるよ。」
  • 「ソロプレイで砲のHIP を再現しようと思ったら、いくつか候補を挙げておいて、ここぞのときに無作為で決めるという手もあるね。」
  • 「DFPh でのインテンシブの制限、エラッタで明確化しておいたよ。」
  • 「畏縮の影響も考慮に入れて、NMC が期待できる攻撃ってのは、結局IFT-DR3でNMC かどうかってことなんだな。畏縮しない部隊なら、DR2 でもOK だね。」

その他

  • ボードv 1 枚

シナリオ

  • ASL122 Extracurricular Activites
  • J102 The Yelnya Bridge
  • J103 Lenin's Sons
  • J104 Flanking Flamethrowers
  • J105 Borodino Train Station
  • J106 Marders not Martyrs
  • J107 Operations Schwartz
  • J108 Danica Air
  • J109 Break for Hungary
  • J110 Prelude to Spring
  • J111 Prussia in Flames
  • J112 Prelude to Dying


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-30 (水) 20:21:05 (1539d)