リーグ規定

以下は、プレイヤーが比較的簡単に読める書式にした規定です。
より厳密な規定は、添付したPDFファイル「ASL日本リーグ」に記載されています。

公式対戦

リーグメンバー同士で対戦する際、「リーグ公式戦かどうか」をはっきりと確認してください。
公式戦の場合、互いに現在の自分の段位を相手に伝えましょう。
それによって、この対戦で動く点数が大体わかるはずです。
公式戦で使うシナリオは、年度ごとに事務局で選定したものを使ってください。
できるだけ多くのシナリオをプレイしましょうという観点から、「同じシナリオ・同じ陣営」での対戦は年度中2回までとします。
その場合、対戦相手は変えてください。

年間最低6回の公式対戦をノルマとします。
ノルマに満たない対戦回数1回につき、−100Pのペナルティです。
ただし、2010年度は、「VASL対戦はノルマについてのみ、対戦2回分と換算する」こととします。

対戦が終わったら、後述の方法で結果を事務局まで報告してください。

リーグ公式戦用シナリオ

リーグ公式戦用シナリオは、事務局が一定の基準で選定しています。
シナリオタイトルが青文字のものは、バランスに有利不利が認められるため、獲得/喪失ポイントに修正が行われます。

詳細は、2010年のシーズンオフ・オープン戦期間のページに添付されているファイルをご覧ください。

SEPとは「シナリオ経験ポイント」のことで、対戦の勝者に事務局から与えられるポイントのことです。
規模の大きいシナリオほどこの数値は高くなります。
青文字シナリオには、「有利」「不利」によって修正されたSEPが左右に分かれて記載されています。
「有利」は有利な陣営を受け持って勝利した場合に得られるポイントで、「不利」は不利な陣営を受け持って勝利した時に得られるポイントです。
どちらが有利か不利かは、右端の欄「ROAR」をご覧ください。
そこに記載された国名が「有利」陣営です。
ほぼイーブンのシナリオの場合、陣営によって獲得できるポイントに違いはありません。

SEPは「獲得できるポイント」であり、喪失するポイントではないので注意してください。
下位の段位(レベル−1:研究生と、レベル0:奨励会員)のプレイヤーは、敗北してもSEPの一部を獲得できます。

そのほかの欄は、「どのようなシナリオか」の概要をつかみやすいように用意しました。
LtMTRは、軽迫撃砲が登場するが、『砲』が登場しない場合の表示です。
特記事項と合わせれば、読まねばならないルールがおおよそわかるので、対戦シナリオ選びに役立つと思います。

段位

プレイヤーには経験に応じた(すなわち今まで獲得した総ポイントに応じた)段位が与えられます。
段位が上がってもなにもいいことはありません。
プロではないので、お給料が上がるわけではないのです。
アマチュア将棋初段と同じで、「へぇー」と言ってもらえるという、ただそれだけのことです(しかも将棋と違って、リーグ内の内輪でしか通用しない肩書です!)。

しかし、ここは気持ちを中高校生時代に戻し、「おれ、今三段」「うぬ。直接対決で肩を並べてやる〜」などと楽しんでいただければ嬉しいです。

ただし、段位が上がると、負けた時に喪失するポイント(相手に与えることになるポイント)が大きくなります。
なので、ある程度段位が開いても下位のプレイヤーは落ち込む必要はありません。
直接対決で上位者に挑戦しましょう。
ポイントを失うリスクは全く変わらず、勝った時のリターンだけが大きくなるのですから。

段位の詳細は、このページに添付されている「段位」PDFファイルをご覧ください。

WLPとは、「勝敗ポイント」のことです。
対戦時にはこの持ち点を喪失するリスクを負って戦うのです。
負けた場合、敗者は自分の段位に応じた「勝敗ポイント」を失い、勝者である対戦相手に加算されます。
SEPとちがって、「勝敗ポイント」は「喪失するポイント」だということに注意してください。
有利な陣営を受け持った場合、負けるとより大きなポイントが失われるのです。

開始時は(途中参加者も含む)全員持ち点1000Pで開始します。
すなわち、全員が奨励会員としてのスタートとなります。
3連勝くらいすれば、すぐに初段に上がる人が出てくるでしょう。
下位になれば、負けて失うポイントも減るので、そうとう負けが込んでも持ち点0にはなりません。
特に後述の「下位段位者への特例」があるので、概算では持ち点0になるのは50連敗した場合だと思っていいでしょう。

ポイントの獲得

もう一度ポイントの得失について整理します。

・敗北時に失われるポイント=現在の自分の段位による「勝敗ポイント」(これだけなんです)

・勝利時に得られるポイント=敗者が喪失した「勝敗ポイント」(自分の段位は関係なし。相手の段位が高ければ高いほど「オイシイ」のです)+シナリオ経験ポイント(SEP)

負けて失うのは「勝敗ポイント」のみですから、一度に大きくポイントを失うということはありません。
「失うポイント」と、プレイするシナリオの規模には全く関係がないので注意してください。

<重要な特例>

レベル−1(研究生)とレベル0(奨励会員)は、敗北時でもSEPの一部を獲得できます。

具体的には、有利不利の修正をする前のSEPの50%(研究生)と25%(奨励会員)です。

規模が大きい(SEPが高い)シナリオをやると、負けても結構なポイントを獲得できるのです。
特に研究生は、SEPが100P以上のシナリオをプレイすれば、負けても収支はマイナスになりません・・・大きなシナリオなら負けてもプラスになるのです。
段位が下がった時こそ、ガンガン対戦しましょう。

ポイント得失の例

シナリオJ41(SEP60)

今日も6ゾロ(レベル0:ドイツ軍)VS 今日もピンゾロ(レベル1:ノルウェー軍)

勝者 今日もピンゾロ

ポイントの得失

今日も6ゾロ  −100P(規定勝敗ポイント) +15P(SEPの25%)=総計−85P

今日もピンゾロ +100P(6ゾロが喪失した勝敗ポイント)+60P(SEP)=総計+160P

シナリオJ1(SEP 110/123/136)

今日も6ゾロ(レベル−1:ドイツ軍;不利)VS今日はピンゾロ(レベル0:ソ連軍;有利)

勝者 今日はピンゾロ

ポイントの得失

今日も6ゾロ −45P(不利陣営の勝敗ポイント) +61P(SEPの50%) =総計+16P

今日はピンゾロ +45P(6ゾロが喪失した勝敗ポイント) +110P(有利陣営のSEP)=155P

<ボーナス得点>

勝敗ポイントとSEP以外にも、事務局からボーナス得点が与えられる場合があります。

]⊂.棔璽淵

連勝記録によって、ボーナスポイントがもらえます。

3連勝  50P

5連勝 100P(150P)

8連勝 150P(300P)

10連勝200P(500P)

以後、1勝につき+100P

(  )内は累積のポイントです。

連勝継続は、年度がまたがっても加算され続けます。

年間タイトル

年度ごとに、以下のプレイヤーを表彰し、ボーナスポイントが与えられます。

・最多獲得ポイント(優勝) 300P

・最多勝利数        200P

・最多対戦数    100P

・最多金星     100P

<投票による年間タイトル>

2009年開始時には予定されていましたが、AARの報告が困難との理由から選定されませんでした。2010年度も投票によるタイトルはなしの方向でいきます。

対戦報告

公式対戦が終了したら、eメール(マストアタックのメッセージ機能でも可)で事務局まで結果を報告してください。
基本的に勝者の義務ですが、対戦者間で話し合っても結構ですし、第3者に委託してもかまいません。
必ず以下のことは記載してください。

A:対戦開始―終了日 

B:対戦形式(対面もしくは通信)

C:対戦シナリオ名(数字のみでもよいが、間違い―JとGを取り違えるなど―を避けるため名称もお願いしたい。つづりが面倒な時はカタカナでも構わない)

D:対戦プレイヤー(対戦開始時の段位/レベル):陣営

E:勝者

A:8月22日開始、30日終了

B:VASL

C:ASL1 ファイティング ウィズドロウアル

D:今日も6ゾロ(奨励会員):ソ連軍  今日もピンゾロ(8段):フィンランド軍

E:今日もピンゾロの勝利

混乱を避けるため、各対戦で生じるポイントの得失は、事務局が報告を確認して執り行います。
事務局は毎週木曜日の夜24時までに到着した結果報告をもとに、プレイヤーの総得点と段位を更新します。
なので、対戦Aで段位が変更するポイントの得失があったとしても、続けざま行われた対戦Bではそれを反映せずに勝敗ポイントの供出が行われるのです。
土日に複数の対戦をこなすプレイヤーにとっては少々難儀な規定だとは思いますが、得失点の混乱を避けるための措置とおさえてください。

コメント

  • 削除しました。 -- 信長 2009-09-18 (金) 15:24:20
  • 添付ファイル1.01は、「アンテイ」を「勝敗ポイント」に変更しただけです。管理人様、旧バージョンのファイルの削除をおお願いいたします。 -- 今日も6ゾロ 2009-09-17 (木) 01:13:59

添付ファイル: file段位1.01.pdf 258件 [詳細] fileASL日本リーグ1.01.pdf 293件 [詳細] file段位.pdf 212件 [詳細]

トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-27 (月) 12:29:59 (3217d)