ASL SK#1

日本語ルールはここからダウンロード。

場所
P2左1.1.2 地形タイプ(の続き):物や林が描かれていれば、それは建物や林ヘクスです(例:yAA8、yAA9など。これらは建物ヘクスです)。物や林が描かれていれば、それは建物や林ヘクスです(例:yAA8、yAA9など。これらは果樹園ヘクスで、yI6、yJ3、yL7建物ヘクスです)。
P2中例(英文ルール4PのLine of Sight Example参照):例(5Pの照準線の例参照):
P3左能力値:状態に陥らにそのユニットが攻撃に耐える能力状態に陥らにそのユニットが攻撃に耐える能力
P6中K/#:(略)負傷したSMCは直ちに負傷の程度を決めるためdrを1回行ないます。その修整後の結果が『14』ならば軽傷となり『Wound』カウンターを乗せてゲームに残ります。K/#:(略)負傷したSMCは直ちに負傷の程度を決めるためdrを1回行ないます。その修整後の結果が『1〜4』ならば軽傷となり『Wound』カウンターを乗せてゲームに残ります。
P7左準備射撃の例 (ドイツ軍のELRは『3』と仮定します):どちらものDRも修整はありません。どちらDRも修整はありません。
P8中3.31 防御臨機射撃(First Fire)3.3.1 防御臨機射撃(First Fire)
P9右潰走の強制:混戦状態ではない混乱状態のユニットは、確認されている敵ユニットと同じ区域内や隣接する区域内でRtPhを終えることができません。潰走の強制:混戦状態ではない混乱状態のユニットは、確認されている非混乱状態の敵ユニットと同じ区域内や隣接する区域内でRtPhを終えることができません。
P10中たいところですがが、『Final Fire』マーカーが乗っていたいところです、『Final Fire』マーカーが乗ってい
P10右釘付け状態になります。ソ連軍スタックへの効果はは釘付け状態になります。ソ連軍スタックへの効果
P12左比に直します。端数がある場合には、防御側にに比に直します。端数がある場合には、防御側
P12中白兵戦の解決に『2』が出た場合、『昇進』の可能性が生じます (5.0 項参照)。に『2』が出た場合、『昇進』の可能性が生じます (5.3 項参照)。
P12中白兵戦における指揮官釘付け状態の指揮官は攻撃時0.5FP/防御時1FPをもち、MMCに火力を加えられますが、指揮能力修正は使用できません。白兵戦における指揮官釘付け状態の指揮官は攻撃時0.5FP/防御時1FPをもち、MMCに火力を加えられますが、指揮能力修整は使用できません。
P13右(運搬の):指揮官と1戦級MMCがスタックで移動しています。今は何も運搬していませんが、このMMCは4ICPを有しています(自身の3ICP+指揮官の1ICP)。開豁地に進入し(1MF)、そこに放置されていたドイツ軍HMG(4PP)の回収を試みて(1MF)成功しました。4PP は現在のICP以内なので、MFに影響はありません。(運搬の):指揮官と1線級MMCがスタックで移動しています。今は何も運搬していませんが、このMMCは4IPCを有しています(自身の3IPC+指揮官の1IPC)。開豁地に進入し(1MF)、そこに放置されていたドイツ軍HMG(4PP)の回収を試みて(1MF)成功しました。4PP は現在のIPC以内なので、MFに影響はありません。
P14右クラス(質)の低下810 なら混乱し、DM状態になります。クラス(質)の低下8〜10 なら混乱し、DM状態になります。

ルール中、「Cowering」の訳語として「畏縮」が11回、「萎縮」が28回、混在して用いられている。
「修正」と「修整」の混在が見られる。
2.0 用語説明の「Randomly Determin:無作為による決定」がスタンダードのルールに準拠しており、#2以降での定義と異なるので注意。


ASL SK#2

日本語ルールはここからダウンロード。

場所
P1左序文 ています。また,彼らの存在にによって,そのています。また,彼らの存在よって,その
P4左能力値:能力値は士気値であり,混乱状態に陥らにそ能力値は士気値であり,混乱状態に陥らにそ
P6中Gunshield (防盾):AT,およびIFNタイプGunshield (防盾):AT,およびINFタイプ
P7中PTC:釘付け状態判定チェック (Pin Task Check:3.2.1)。PTC:釘付け状態判定チェック (Pin Task Check:3.2.3)。
P10左準備射撃の例 (ドイツ軍のELRは『3』と仮定します):どちらものDRも修整はありません。どちらDRも修整はありません。
P12左命中判定手順:(の続き) 限を示しています。各TH#の項目にはは,黒限を示しています。各TH#の項目に,黒
P17中ットで再び射撃を実施したいところですがが,『Final Fire』マットで再び射撃を実施したいところです,『Final Fire』マ
P17右ソ連軍スタックへの効果ははPTCです(『8FP』列の修整後ソ連軍スタックへの効果PTCです(『8FP』列の修整後
P19右白兵戦の解決端数がある場合には,防御側にに有利なように端数がある場合には,防御側有利なように
P19右白兵戦の解決出た場合、『昇進』の可能性が生じます (5.0 出た場合、『昇進』の可能性が生じます (5.3
P24中初期隠匿配置(HIP):班は,盤上にに配置せず,HIPを喪失するまで班は,盤上配置せず,HIPを喪失するまで
  • 英語版の非公式エラッタ。
    QRDCのIFT DRMのby CX firerの修正は -1+1
    砲のTo Hit ChartTo Hit Dice Rooll Modifiersの17番Gun Target Sizevs.small target-1+1
    砲のTo Hit ChartTo Hit Dice Rooll Modifiersの17番Gun Target Sizevs.large target+1-1

ASL SK#3

近日中にバージョン1.2が公開されます。以下に指摘していただいた部分はすべて是正しています。そのほか大きいところでは、HIPのあるヘクスに突撃が行われた場合の、不意打ちに関する赤字補足を全面的に削除しました。 2009・7・1 今日も6ゾロ記載

公開されたバージョン1.2に補足されている赤文字コメントの中には『SKではHIPに見当をつけた盲目射撃が可能か否か不明である』との観点から赤文字で記載されているものがあります。しかし、チャートを見ると“empty hex”への射撃が認められていましたので、これらの補足コメントは青文字が妥当かと思われます。 2009・7・2 今日も6ゾロ 記載

バージョン1.2へのエラッタです。 40Pの最後の部分:下から5行目 誤(目標となったAFVの固有操作班を含む)>正(目標となったAFVは、その固有操作班を含めこの攻撃からは一切影響を受けません) 最後の文章(固有操作班は・・・適用できます)>削除 SK#3用のチャートの公開時に、差し替えページも用意します。 2009.7.3 今日も6ゾロ記載

バージョン1.2へのエラッタです。 和訳11ページ左段 h)DMマーカーの除去 「統制状態の」を削除 和訳23ページ左段 上から6行目「統制状態の」を「確認状態の」に訂正 2010.2.14 今日も6ゾロ記載

日本語ルールはここからダウンロード。

和訳Ver.場所
〜Ver. 1.1P1右序文 ています。また,彼らの存在にによって,そのています。また,彼らの存在よって,その
〜Ver. 1.1P3右薮(Brush) ※ SK #3で新たに追加された地形タイプにも拘らず灰色囲みされていない。
〜Ver. 1.1P4右能力値:能力値は士気値であり,混乱状態に陥らにそ能力値は士気値であり,混乱状態に陥らにそ
〜Ver. 1.1P7右Gunshield (防盾):AT,およびIFNタイプGunshield (防盾):AT,およびINFタイプ
〜Ver. 1.1P7右Hindrance (妨害)例えば,12Pの図で,例えば,15Pの図で,
〜Ver. 1.1P9左Non-Stopped(非停止状態)※ SK #3で新たに追加された用語にも拘らず灰色囲みではなくピンク囲みになっている。
〜Ver. 1.1P9左PIAT※ SK #3で新たに追加された用語にも拘らず灰色下線がない。
〜Ver. 1.1P9左PTC:釘付け状態判定チェック (Pin Task Check:3.2.1)。PTC:釘付け状態判定チェック (Pin Task Check:3.2.3)。
〜Ver. 1.1P9中Residual FP (残留火力):(3.3.1)。Residual FP (残留火力):(3.3.5)。
〜Ver. 1.1P12左準備射撃の例 (ドイツ軍のELRは『3』と仮定します):どちらものDRも修正はありません。どちらDRも修正はありません。
〜Ver. 1.1P19右白兵戦の解決端数がある場合には,防御側にに有利なように端数がある場合には,防御側有利なように
〜Ver. 1.1P25左白兵戦の解決出た場合、『昇進』の可能性が生じます (5.0 出た場合、『昇進』の可能性が生じます (5.3
〜Ver. 1.1P28左PF判定dr:修正前のPF-drが6だった場合,その有ニットはPFを射撃できないばかりでなく,修正前のPF-drが6だった場合,そのユニットはPFを射撃できないばかりでなく,
〜Ver. 1.1P31中初期隠匿配置(HIP):班は,盤上にに配置せず,HIPを喪失するまで班は,盤上配置せず,HIPを喪失するまで

和訳Ver.場所
〜Ver. 1.2P10左移動フェイズ:移動フェイズには敵のいるヘクスに歩兵ユニットはは移動フェイズに敵のいるヘクスに
〜Ver. 1.2P11左h) DMマーカーの撤去統制状態の敵ユニットと敵ユニットと
〜Ver. 1.2P23左6行目統制状態の敵ユニット確認状態の敵ユニット
〜Ver. 1.2P29中4.4.4 対戦車ライフル 3行目:SWです。混乱していないSWです。ITTやATTで使用することはできません。混乱していない
〜Ver. 1.2P29右5.1 戦闘経験レベル 2行目:SW、そしてMMCSW、砲、車両、そしてMMC、(分隊、HS、操作班)
〜Ver. 1.2P29右5.1 戦闘経験レベル 3行目、5行目MMC分隊およびHS
〜Ver. 1.2P30左5.4 未熟兵MMC砲兵器を用いるときは赤いTH#を用います。削除
〜Ver. 1.2P30中5.5項の例:ROFは1に低下しROFは2に低下し
〜Ver. 1.2P30下致命的命中の例 下から2〜1行目最終DR×2箇所修正後DR×2箇所

トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-25 (金) 03:35:54 (1545d)