背景

  • 場所:オランダ,オーステルベルク(OOSTERBEEK)
  • 日付:1944年9月20日
  • 概要:アーンヘム市のイギリス軍外周陣地の周長は着実に縮小しつつあった.ライン河の北岸に降下して後の4日間,第1空挺師団のパラシュート兵とグライダー兵は,補給と人員の危機的な不足の中,戦い続けてきた.ドイツ軍は兵力を集中しつつあり,マーケットガーデン作戦の地上部隊である第30軍団が彼らの元に到着する前に,外周陣地は潰されてしまうように思われた.逃げ場はなかった.降下兵達は,やるべく訓練されてきた事をやるだけだった.空挺堡を守り抜くのだ.

勝利条件

  • ドイツ軍は,17VP以上が西端より離脱すれば即座に勝利する.MAが機能し離脱したAFVは7VPとする(MAが機能していない場合は6VPとする).離脱した1個分隊は2VP,半個分隊は1VP,-1指揮官は2VP,0及び+1指揮官は1VPとする.

使用マップ

  • MAP u
    bdu.gif
  • へクス列A-Pのみ使用可能

バランス

  • イギリス軍:LMG1丁をイギリス軍戦闘序列に追加.
  • ドイツ軍:7-0指揮官をドイツ軍戦闘序列に追加.

イギリス軍戦闘序列 

  • サウス=スタッフォードシャー(South Staffordshire)連隊,第2大隊の一部[ELR:4] へクス列D〜Oに配置(当該列も含む)(SSR 1参照)

ドイツ軍戦闘序列 

  • ハーデル戦闘団の一部[ELR:3] 第1ターンに東端より進入

シナリオ特別ルール

  1. 全てのイギリス軍ユニット(運搬している兵器も含む)は開豁地ではないへクスに隠匿配置することができる.砲は舗装道路へクスでは隠匿配置できない.それらの場所を密かに記録しておくこと.これらのユニット(砲の操作班も含む)は,以下の場合にその支援火器とともに盤上に置かれる.即ち,ユニットが射撃を行った場合,ユニットが移動を行った場合,ドイツ軍ユニットが当該へクスに進入した場合(MPhにおけるAFV、もしくはAPhにおける歩兵),あるいは進入を試みた場合(MPhにおける歩兵)である.ドイツ軍歩兵ユニットが移動フェイズにおいてこれらのへクスに進入を試みた場合には,そのユニットは進入直前のへクスに戻され,移動を終了する.
  2. イギリス軍の9-1指揮官は,砲操作班とスタックしている場合に,それがあたかも支援火器であるかのように,そのDRMで6pdr対戦車砲のTH DRを修正できる.
  3. エリートと一線級イギリス軍MMCは萎縮しない(3.2.2).
  4. StuG IIIG(L)2両は,CMG使用不能(Disable)の状態でゲームをスタートする.

顛末

  • オーステルベルク郊外を襲った熾烈な戦闘は,ドイツ軍に決定的に有利な情勢に見えた.装甲車両が前線に到着し,まさにとどめの一撃をサウス=スタフォード連隊に加え,師団をライン河より切り離そうとしていた.6ポンド対戦車砲の操作班は,初期の戦闘でほとんどが負傷するか戦死していた.ドイツ軍が接近してきた時,軍曹勤務伍長ジョン=バスケイフィールドは,残された砲の一つを操作し,戦闘車両を撃破した.その戦闘中に重傷を負い,砲も破壊された.彼は他の6ポンド砲に這っていき,最後の息で他の車両を撃破した.この行為により彼は死後ビクトリア十字勲章を授与された.どれだけスタフォード連隊の防衛線が薄くなっいたのかをしるよしもなく,ドイツ軍は後退し,イギリス軍に戦線を立て直す時間を与えてしまった.ドイツ軍は,昼間の渡河を妨害できる位置からイギリス軍を見おろしていたが,第1空挺師団は,川岸を確保し続けた.9月25日までに第30軍団のアルンヘム到着失敗が明らかとなった.第1空挺師団は,夜間にライン河北岸から撤退した.2400名の生存者が川を渡河した.空挺部隊兵士達の英雄的戦闘にも関わらず,モンティズギャンブルは破綻したのである.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-31 (土) 09:49:33 (3609d)