背景

  • 場所:THE BARRIKADY, STALINGRAD, RUSSIA
  • 日付:9 Nov 1942
  • 概要:第6軍は廃墟の中で激しく出血していた。軒から軒を争う戦闘の中で、中隊全体の兵員数が分隊より少しまし、というところまで消耗しているところもしばしばあった。戦線はもやは市街地のブロック単位ではなく、個々の建物の廊下の上に引かれていた。ドイツ軍は未使用の特殊部隊を、最後の突撃のために投入する事を決定した。 Barrikady砲工場の機械工房とVolga河の間に残された、最後の頑強な哨戒基地を奪うために、市街戦用に特別に訓練された精鋭工兵5個大隊と、 Voronezhでの激しい市街戦を体験したベテラン部隊が召集された。しかし工兵隊のRettenmaier少佐はここ“赤の館”で、今までには無かったような戦闘を経験することになる。

勝利条件

  • ゲーム終了時に混乱状態に無い分隊1個(相当)以上を、 20S6か20Z3の建物内に持っていればロシア軍の勝利。

使用マップ

バランス

  • ソ連軍:地図盤20の番号が7以下の部分に配置。
  • ドイツ軍:地図盤20の番号が8以上の部分、もしくは地図盤1上に配置。ただし確認されているロシア軍やその?スタックに隣接するhexには配置できない。

特別ルール

  1. ECは穏和。開始時は無風。
  2. 1hexサイズの木造建造物は、全て木造瓦礫とする。
  3. ロシア軍は、放火禁止、地下道利用可。また、地図盤20上にはレベルAのBoobyTrap(B28.9)を敷設してある。また20Z3の建物は全て要塞化してある。また3個分隊相当(と一緒に配置するSW、SMC)をHIPできる。
  4. ドイツ軍の838と338はELRが5である。他のドイツ軍部隊のELRは4である。
  5. ドイツ軍が知らずの内に、HIPされたロシア軍に隣接する位置に初期配置したとしても、これはかまわない。しかし?スタックに隣接しての配置はできない。

顛末

  • 攻撃を開始する前に18名の工兵がブービートラップで命を落としたが、目標の一つであるChemist工房の防御拠点は簡単に落とすことができた。しかし“コミッサールの館”は死の罠以外の何物でも無かった。赤いレンガの建物は要塞と化し、その入り口は瓦礫で埋められていた。中で防戦するロシア兵は、かろうじて見える小さな覗き穴から、恐ろしく正確に射撃してくる。ドイツ軍が建物に突入しても降伏しない--地下室からも抵抗してくる。鞄に詰めた爆薬と油を詰めたカンによってやっと、強固な“コミッサールの館”の防衛者達を炎の中に葬ることができた。勝ちはしたものの犠牲は大きかった。 4日間の戦いで精鋭の大隊はその戦闘力の3分の1を失った。生き残った戦力は、来るべき突撃に備えて、さらなる強力な戦闘集団を編成するため、戦線を離脱した。

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-31 (火) 14:22:58 (4003d)