Beyond Valor

bv-lid-web.jpg


  • 第1版
    • ドイツ、ロシアの歩兵・砲・車両と、D章までで使用する全てのマーカー(馬、馬車、オートバイも含む)が同梱されています。ドイツ軍と基本マーカーがこのモジュールに入っているため、以後のモジュール・追加シナリオのプレイには必須です。
    • フィンランド軍の歩兵も含まれていますが、ドイツ軍と同色です。マーカーやSWはドイツ軍のものを利用する規定になっています。
    • MAP20,21,22,23が同梱。全て市街地です。21は大きな墓地、22は小川、23は運河が特徴になっています。
    • シナリオはASL1〜ASL10までの10本が同梱されています。

  • 第2版
    • 第1版と同様の内容物に加え、ヒストリカルモジュール1“レッドバリケード(RB)”が同梱されているのが最大の特徴です。
    • RBはスターリングラードの「赤いバリケード大砲工場」における10月から11月までの激闘を描くもので、当時の航空写真を基に作られたヒストリカルMAP(と、その地形に関する追加ルール)が用いられます。シナリオはRB1〜RB7の7本。キャンペーンゲームは扱う期間により3種類用意されています。
    • E章で使用するカウンター(航空機、パラシュート、スキーなど)が追加されています。また、フィンランド軍がグレーになり、SWや隠蔽マーカーも専用のものが用意されています。

  • 第3版
    • 2006年現在で入手可能なバージョンです。
    • 地図盤が従来のハードMAPではなく、厚紙のセミハードMAPに変わったのが最大の特徴です。この変更により従来のMAPとの連結が不可能になるため、20〜23に加え、基本となるMAP1〜5、および8も同梱されています。地図のグラフィックはCGを用いたものに一新され、LOSも微妙に異なるため手垢の着いたシナリオに新たな展開を見ることもありえるかもしれません。
    • RBは同梱されていません。
    • RB以外のカウンターは基本的に第2版と同様です。印刷が美しくなり、打ち抜き加工がシャープであるため、AH時代では珍しかった「正方形で同じ大きさのユニット」を手に入れることができます。
    • シナリオは従来の1〜10に加え、過去に雑誌等に掲載された独ソ/ソ芬戦のシナリオが14本再録されています。
    • 外箱は2002年以来のMMP社標準である「折箱」であるため、ボリューム満点のコンポーネントである本作には強度が不足気味に感じる方もいるでしょう。

シナリオ

入手可能なModule


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-06 (火) 16:09:32 (2060d)