背景

  • 場所:STALINGRAD, RUSSIA
  • 日付:14 Sep 1942
  • 概要:

勝利条件

  • ゲーム終了時に工場(SSR2参照)内に存在して、なおかつ地図盤の東端にLOSを持っている、そういう条件を満たす分隊相当数が多い方が勝ち。同点はロシア軍の勝利。

使用マップ

バランス

  • 枢軸軍:第9ターンまでとする。
  • ソ連軍:ロシア軍の部隊はFanaticとし、その代わりELRは2とする。

特別ルール

  1. ECは穏和。開始時は無風。ロシア軍は放火できない。
  2. 1K8-J8, 1F1-F2, 1G1-G2,20M9-M8, 20R6-R5の地上レベルに木造瓦礫を置く。また、20O8-O7, 20Q2-Q1, 20M2-M3, 1N5-N6, 1K4-K3の地上レベルに石造瓦礫を置く。瓦礫のカウンターが足りないときは、2HEXに跨いで置くように。 20C7の建物は工場(B23.74)である。
  3. SSR4に従って弾薬の補給を受けるまでは、ロシア軍はAmmunitionSortage(A19.131)状態にある。補給の到着したターン以降、Encircleされて無いロシア軍で、地図盤の東端まで、ドイツ軍ユニット、もしくはそれに隣接するHEXで遮られないような、 HEXの線をひける部隊は、AmmunitionShortageから解放される。
  4. ロシア軍のRPhの始めに、 20C7の工場がドイツ軍部隊で単独占拠されていなければ、ロシア軍プレイヤーは援軍の判定の為にDRを行える。このDRの色付ダイスの目がそのターン数より小さければ、その目と同じ数の628分隊をそのターンの援軍として受け取る。この援軍は地図盤東端のどのHEXから進入してもよい。またそのとき両方のダイスの目の和によっては指揮官を援軍に加える。 12:10-2、11:9-2、10:9-1、9:8-1、9:8-0、7:7-0、7未満は無し。さらにこのDRがゾロ目で援軍が到着する場合には、補給ボートが到着し、SSR3に従ってAmmunitionShortageから解放される。
  5. ドイツ軍が地図盤東端から1HS相当脱出するごとに、次回のロシア軍の援軍は1個分隊ずつ少なくなる。またHSとともに脱出したMMG、HMG、指揮官も、 1ユニットにつき援軍を1個分隊減らす効果をもつ。ただし、脱出するドイツ軍指揮官のうち、脱出したHSの数を超えた分は無効である。脱出した部隊はBattlefield Integrityに影響を及ぼさない。また、ロシア軍は脱出したドイツ軍部隊を打ち消すだけの数の分隊を援軍から減らしきらないうちは、いかなる援軍も受け取らない。ドイツ軍の脱出を打ち消し切れずに、結局援軍の分隊が登場しなければ、もしそのターンのDRがゾロ目でも、補給のボートは到着しない。
  6. ロシア軍は4個分隊相当およびそれとスタックするSW/SMCをHIPできる。ドイツ軍は知らずのうちにそのHIPしたロシア軍ユニットに接するHEXに配置してもいいが、ロシア軍の?カウンタに隣接するようには配置できない。

顛末

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-08 (月) 15:10:44 (2534d)