背景

  • 場所:139 SOLEC, WARSAW, POLAND
  • 日付:22 Jul 1944
  • 概要:野戦司令官達経ちの熱望に焚き付けられ、そしてまた西側の非難に突付かれて、第1ポーランド軍がVistula河を越えて荒廃した都市へ進むことを、 STAVKAは是認した。16日にはBerlingの指揮する部隊がWarsawへ大釜へ進入し、陣容を整えたPolish Home ArmyのKampinosグループと手を組んだ。それから5日間、この浅い橋頭堡は砲撃にさらされ、またドイツの旗の下に戦うKaminskiの白ロシア軍による散発的な攻撃を受けた。ソビエト軍は、何の訓練も受けてないポーランド人の徴募兵を、第1ポーランド軍に動員したが、古参兵を相手にまともに戦えるものではなかった。 Vistula河の東岸への撤退が許可されたのは、ドイツ軍の強力な威力偵察が発動されたときで、「撤退」は瞬く間に「壊走」へと変わって行く。

勝利条件

  • ドイツ軍はロシア軍より多くのCVP(A26.22)(SSR2参照)を得、またゲーム終了時に地図盤8上のいずれかに射撃可能な火力の合計が、未修正で20火力以上の部隊があれば勝利。
    • 訳注:「未修正の火力」の意味が不明なので、以下のように解釈する。 PBFやTPBFの修正を考えない。また通常射程を超えての火力は算入しない。

使用マップ

バランス

  • 枢軸軍:SPW251/1を追加する。
  • ソ連軍:Kampion戦闘隊(ポーランド軍)はFanaticである。

特別ルール

  1. ECはWet。開始時は無風。運河は深い。
  2. 第1ターンのドイツ軍RPh終了時に、全てのロシア軍447はNMCを行う。このNMCに失敗して混乱した分隊はDMになる。またPINやHoB、損耗、 ELR失敗に伴う部隊の劣化も、普通のMCのように適用される。この過程で壊滅した部隊もドイツ軍のCVPに算入される。
  3. ポーランド軍はStealthy(A11.17)で、 MOL(A22.6)、地下道移動(B8.4)を使用できる。またAmmunition Shortage(A19.131)の状態にある。
  4. 初期配置時に2個分隊相当までのポーランド軍をHIPできる。 (それと一緒に配置されるSMC、SWも一緒にHIPできる)
  5. 地図盤8上の建物は全て石造とする。また、地図盤20と23上の2hexの大きさの木造建造物は全て、木造の瓦礫とする。
  6. ロシア軍のSANはゲームの最初の間は無効で、ドイツ軍部隊が地図盤20に進入した以降、SAN6が有効になる。

顛末

  • ソビエト軍に指揮されたポーランド軍の防御外郭は、北部と南部では持ち堪えていたのだが、中央の区域は猛攻撃の前に粉砕された。壊走するポーランド軍がHome Army Patriotsの守るSolec通りを過ぎたとき、市街戦に長けた屈強なKampinos部隊が、ドイツ軍に前進に待伏せ攻撃をして、この追撃はやっと止んだ。翌日、はポーランド人を置き去りにして、ソビエト軍部隊は撤退した。ロシアの記録では、Czerniakow橋頭堡からは2,000人を超す第1ポーランド軍所属の“ソビエト”英雄がが帰還しなかったとある。

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-30 (水) 18:06:27 (1603d)