背景

  • 場所:シシリー,アボラ
  • 日付:1943年7月10日
  • 概要:ハスキー作戦は酷いスタートを切っていた.イギリス第1空挺師団とアメリカ第82空挺師団第505パラシュート歩兵連隊のパラシュート降下兵やグライダー降下兵を載せた輸送機の未熟なパイロット達は,突発的な強風に歓迎された.降下兵達は,連合軍の上陸海岸の背後に降下し,作戦のキーとなる橋梁や要衝を占領する予定であったが,実際には島の南半分にばら撒かれてしまった.こうした部隊の一つが,海岸沿いの町アボラ(Avola)近くに着地した.部隊はサモン(Sammon)中尉に率いられていた.中尉は,集合した士官達と短い協議を行い,彼がこの75名のパラシュート兵からなる臨時グループを指揮することを決めた.イギリス軍のシシリー島への上陸作戦既に開始されていた.この作戦を援護するために,彼は,軽装備しか有していない臨時グループにアボラ攻撃を命じたのである.

勝利条件

  • 連合軍は,ゲーム終了時に,統制状態のイタリア軍MMCがS6から7へクス以内に存在していなければ勝利する.

使用マップ

  • MAP w
    bdw.gif

バランス

  • イタリア軍:MMG1挺をイタリア軍の戦闘序列に追加する.
  • 連合軍:第4ターンの増援部隊は第3ターンに登場する.

イタリア軍戦闘序列

  • 第206沿岸防衛師団,第146連隊の一部(ELR:1) S6から7へクス以内に配置

連合軍戦闘序列

  • 第505パラシュート歩兵連隊の一部(ELR:5) 第1ターンに北端より進入.
  • 第50歩兵師団の一部(ELR:3) 第4ターンに南端より進入.

シナリオ特別ルール

  1. イギリス軍の一線級MMCは萎縮しない(3.2.2)
  2. 連合軍の指揮官が,異なる国籍の部隊の回復を試みたり,指揮したりする場合には,+1DRMのペナルティを受ける.

顛末

  • アボラの町の規模は,人口22,000人,石造建造物数千件であり,通常であればそれは,装甲部隊や砲兵部隊に増強された大隊の目標とすべきものであった.75名の降下歩兵は,外縁の機関銃陣地を幾つか壊滅させて町はずれまで到達した.そこからは延長1.6kmの下り勾配の街路数本が海まで続いていた.サモン中尉は部下の士官達を分け,それぞれの部隊に通りを一づつ割り当てた.そしてランデブーポイントを,町の反対側の海岸線に定めた.突撃は,アメリカ兵達が町の広場に到達した午後を少し回る時刻までは順調に進んだ.しかし町の広場は,何十丁もの機関銃で厳重に守られており,そこで突撃はペースを落とした.降下兵達は,自分達の作戦が余りにも大胆であることを悟らされる羽目となった.しばしの交戦の後,アメリカ兵達の間から突然,歓声が挙がった.イタリア兵達が陸側からの攻撃に夢中になっている間に,イギリス軍が海から殺到してきたのである.それはイタリア兵が武器を捨てて逃げ出すのには十分すぎる理由であった.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-28 (日) 20:10:38 (3219d)