背景

  • 場所:ルクセンブルグ,スカイラインドライブ
  • 日付:1944年12月17日
  • 概要:野戦指揮官からの多くの嘆願にも関わらず,ヒトラーは,アルデンヌ攻勢の主力進撃部隊を側面援護のために縮小してはならないと強く指示した.このため装甲部隊の進撃を南翼から援護するブランデンベルガー(Brandenberger)将軍の第7軍は,1個降下猟兵師団と3個国民擲弾兵師団のみから構成されることとなった.最良の国民擲弾兵と,さらに第5降下猟兵師団の大部分は,空軍地上部隊と解散した海軍部隊を再編成したものだった.エーリッヒ=シュミット(Erich Shmidt)少将に率いられた第352国民擲弾兵師団は,訓練不足で,自主的に行動できる古参兵や自動車化された輸送手段も欠いていた.防御されている村は避け高地帯を占領するようにとの命を受け,12月16日,師団はアメリカ軍第109歩兵連隊の前面でウール(Our)川を渡河した.スカイラインドライブには第28歩兵師団に所属する2個野戦砲兵大隊が展開していた.第352国民擲弾兵師団が砲兵からの砲火の中ウール川を渡河しようと苦戦する中,第109歩兵連隊は,予備兵力の大部分を全線に投じて,攻勢の初日,終日陣地を保持した.

勝利条件

  • ドイツ軍は,アメリカ軍の砲をすべて捕獲するか破壊すれば即座に勝利

使用マップ

  • MAP x
    bdx.gif

バランス

  • アメリカ軍:増援部隊は第3ターンに進入する.
  • ドイツ軍:ゲームの長さを1ターン増やす.

アメリカ軍戦闘序列

  • 第28歩兵師団,第107野戦砲兵大隊及び第108野戦砲兵大隊の一部[ELR:2] へクス番号3以上,7以下に配置
  • へクス列G-W(当該列も含む)のへクス番号3以上,7以下に配置.全ての砲は互いに2へクス以上離して配置.建造物からも2へクス以上離して配置.
  • 第4ターンに北端より進入

ドイツ軍戦闘序列

  • 第352国民擲弾兵師団,第915国民擲弾兵連隊の一部[ELR:3] 第1ターンに南端,GG6-GG10間の東端,A6-A10間の西端の任意の場所から進入(and/or).

シナリオ特別ルール

  1. アメリカ軍は初期隠匿配置HIP(6.4)を用いないでセットアップする.

顛末

  • しなしながら翌日,中隊規模のドイツ軍がアメリカ軍の防御拠点の間をすり抜けて目覚しい進撃を行った.ドイツ軍は戦線の背後で展開し,砲兵陣地が危険にさらされた.12月17日早朝,スカイラインドライブに展開していた第107野戦砲兵大隊,第17砲台の105mm榴弾砲が,ドイツ軍偵察隊による小火器による攻撃を受けた.その日遅く,第915国民擲弾兵連隊の1個大隊が,105mm砲台と隣接する第108野戦砲兵大隊の155mm榴弾砲を攻撃した.砲兵達は,補助照準器(Open Sight)を使った直接照準射撃を行うとともに,自身を守るために歩兵として戦った.砲兵達は大損害を与えたが,攻撃部隊を撃退するまでには至らなかった.大隊長のジェームズ=C=ロシュボロー(James C. Rosborough)中佐は,かき集めの部隊でその窮地を救った.砲台群は救われたが,彼らの誇るかつての陣地は,今や酷い状態となっていた.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-30 (水) 18:57:49 (3240d)