背景

  • 場所:イタリア,ラディコファニ(RADICOFANI)
  • 日付:1944年6月18日
  • 概要:ローマ陥落後,イタリア戦線に配属されていたフランス遠征軍団(FEC)は,6月10日,25kmの前線に渡ってイタリア戦線における夏季攻勢を開始した.その左翼にはアメリカ第4軍団が,右翼にはイギリス第13軍団が展開していた.前面に展開するドイツ軍を北方へ押し上げシエナ(Siena)へ進撃するために,司令官のジュィン将軍は,「追撃」部隊を編成した.それらは第3アルジェリア歩兵師団と,別名第1自由フランス師団として知られる第1行進歩兵師団で編成されており,それぞれアメリカ軍機甲大隊で増強されていた.これらの部隊は,ラミナット(Laminat)将軍に指揮されていた.ドイツ軍の急造編成の戦闘団は,6月15日まで弱い抵抗姿勢を示した後,退却を始めた.第1行進歩兵師団は,6月15日朝にアクアペンデンテ村を占領し,北へ向けて前進を開始した.6月17日,部隊はラディコファニ(RADICOFANI)で強い抵抗に遭遇した.しかし第1旅団(「外人部隊こそわが祖国」で知られるフランス外人部隊)は,夕暮れまでに町の南2kmまで前進した.

勝利条件

  • 自由フランス軍は,ゲーム終了時にへクス列I-Qの4つの複数へクスから構成される建物を支配していれば勝利.

使用マップ

  • MAP w
    bdw.gif

バランス

  • 自由フランス軍:ゲーム長さを1/2ターン延長する.
  • ドイツ軍:MMG1丁をドイツ軍戦闘序列に加える.

自由フランス軍戦闘序列

  • 第1行進歩兵師団,第1外人部隊大隊,第3中隊の一部[ELR:4] P9又はO6の建物に最初に配置(SSR 2参照)
  • 第1行進歩兵師団,第1外人部隊大隊,第2中隊 へクス列U以南に最後に配置

ドイツ軍戦闘序列 

  • 第67装甲擲弾兵連隊の一部[ELR:3] へクス列S以北に2番目に配置(自由フランス軍が支配している建物は除くSSR 2参照)

シナリオ特別ルール

  1. 雨のため煙幕を置くことはできない.全てのユニットは舗装道路を用いずに高度レベルを変更(上り下りとも)する場合に追加+1MFが必要となる.
  2. 自由フランス軍が選んだ建物(P9又はO6)は要塞化されているものとし,+4TEMを得る.この建物はゲーム開始時に自由フランス軍が支配している.自由フランス軍には,ドイツ軍MMGの使用に関しての通常の捕獲装備使用ペナルティが課せられる(訳注:第1行進歩兵師団,第1外人部隊大隊,第3中隊のMMGと思われる).
  3. ドイツ軍の4-4-7分隊は自動火器ボーナスの能力を有している.
  4. 自由フランス軍を表すために,イギリス軍カウンターを用いる.

顛末

  • 第1外人部隊大隊は翌日の午後遅く(6月18日),ラディコファニに対して突撃を開始した.ホウティア−(Hautiere)大尉に率いられた第3中隊は,メディシス(Medicis)城を攻撃した.城の厚い城壁は90人のドイツ軍守備隊によって守れらていた.ポイレル(Poirel)中尉は,3名の部下を連れると側面の窓に回り込み城の中へと突入した.彼らに要塞内に突入されると,守備隊は地下室まで急ぎ退却していった.そして,そこで降伏した.外人部隊の兵士達が城を占拠すると,そこから街路を通して町の残る支配権を争う戦闘の様子を見ることができた.またドイツ軍の幾つかの砲の位置も探ることができた.部隊は,その日が終わるまでに町からドイツ軍を叩き出すことができた.日暮れ後,部隊は,強力な,装甲部隊に支援された反撃を食い止めた.翌日以降6月20日午後まで,第1行進歩兵師団はドイツ軍を北方へと追撃した.部隊はその後,ナポリ(Naples)へ集結するために戦線を離れた.2ヶ月後に計画されている南フランスへ上陸作戦,ドラグーン(Dragoon)作戦に参加するためである.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-06 (火) 10:36:41 (3456d)