背景

  • 場所:スターリングラード,レッドバリケード
  • 日付:1942年10月25日
  • 概要:戦闘の極限となった10月,犠牲を払ったドイツ軍の突撃は,ソビエト軍の防衛線の周長を着実に縮めていった.10月24日までに,第14装甲師団は,バリカディ(Barikady)の南に位置する「第2パン工場」に到達し,翌日,これに突撃を開始した.しかし第138狙撃兵師団の激しい防御砲火に突撃は頓挫した.第64オートバイ大隊の残余の兵士達は,死傷した指揮官とはぐれて,パン工場の反対側の廃墟に伏せていた.もはや死の通りを横切る方法など存在しないと思われたが,エッサー(Esser)軍曹には,葛藤や迷いなど微塵もなかった.彼は「前進」と鋭く叫び,12名の兵を率いて通りを渡り,隣接するビルに飛び込んだ.

勝利条件

  • ドイツ軍は,ゲーム終了時にP2,P3ビルディングを支配していれば勝利.

使用マップ

  • MAP z
    bdz.gif
  • へクス列L-Xを使用

バランス

  • ロシア軍:ロシア軍の増援は第2ターンに進入する.
  • ドイツ軍:5-4-8分隊1個,LMGをドイツ軍の開始時兵力に追加する.

ロシア軍戦闘序列

  • 第768狙撃兵連隊の一部[ELR:3] S5から4へクス以内に配置.MMCは他のMMCとスタックしてはならない.SW及びSMCはスタックしてもよい.
  • S5から4へクス以内に配置.他のMMCとスタックしてもよい.
  • 臨時編成の増援部隊 第3ターンに東端より進入.

ドイツ軍戦闘序列

  • 第64オートバイ大隊の一部[ELR:4]  N1及び西端のへクス列0(当該列を含む)から2へクス以内の建造物及び瓦礫(SSR 1参照).
  • 第103装甲擲弾兵連隊の一部 第1ターンに西端から侵入.
  • 第14装甲師団の一部 第2ターンにL7から2へクス以内より進入.

シナリオ特別ルール

  1. 全ての森と果樹園は,石造瓦礫とする.これらのへクスには進入に3MFを必要とし,+3TEMを有する.石造瓦礫は,建造物が持つLOSに対する障害物としての機能がある.へクスサイドに関しても同様に取り扱う.「不意打ち」発生地形である.
  2. ロシア軍エリートと一線級部隊は,「不意打ち」drにおいて-1drmを得る.
  3. ロシア軍6+1指揮官は,士気値10,指揮能力修正0の人民委員を表しており,彼にELRは適用しない.萎縮しておらず,また混乱状態にない人民委員とスタックしている,全てのロシア軍ユニットは,士気値が+1となり,回復期において+4DM DRMが適用されない.政治委員は,スタックしている混乱状態のロシア軍部隊の回復を試みなければならない.回復に失敗した部隊は,1段階質の低いユニットに置き換えられる.質の低いユニットが存在しない場合,部隊は損耗を被る.

顛末

  • エッサー軍曹が攻撃を行う直前,ステンペル(Stempel)中尉が,第103装甲擲弾兵連隊の擲弾兵を率いて別の方向からパン工場に攻撃を開始した.ロシア軍守備隊はこの攻撃に混乱して,エッサー軍曹のオートバイ兵達が管理区画の遮蔽物に転がり込むのに気がつかなかった.ドイツ軍は挟撃に成功し,ロシア軍は強い圧力を受けることとなった.ロシア軍は,急ぎ,後方支援要員を徴集した増援部隊(渡船場から徴集されたフェリー要員まで含まれていた)を編成したが,それが到着するまでの間は,後退を余儀無くされた.ロシア軍は督戦してドイツ軍の前進を阻もうと試みたが,ドイツ軍は,対戦車砲1門と,機関銃数丁を捕獲し,パン工場に重要な足がかりを築くことに成功した.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-25 (日) 00:33:28 (3493d)