asljrnl1.jpg

発売日

1999年初頭

表紙

by David Pentland

「スターリングラードにおけるOT-34 とソ連軍歩兵」

広告

  • アクションパック#2
  • HASL タラワ(TARAWA)
  • HASL 遠すぎた橋(A Bridge too Far)
  • ジャーナル2

挨拶

ハスブロ傘下での初のプロジェクトがジャーナルの発行だったのですね。
MMP からの挨拶です。

Smoke Get in Your Eyes

by Tom Huntington

『煙幕』に関する、戦術的Tips とルール上の注意事項です。
導入部の余談から、米国のプレイヤーは大火力のキラースタックを「デススター」と呼んでいることがわかります。
千葉会方面では「ソーラレイ」だそうです。
東西を問わずゲーマーというものは…。

特に必見の記述があるわけではありません。
ほとんどがルールの確認内容といえるものです。
包括的に煙幕関係のルールが書かれているので、良い参照資料になるでしょう。

What to do IF You Have a TIN CAN

by David Olie

貧弱な能力しか持たないAFV(TIN CAN)に何ができるのか?というテーマの記事です。
冒頭の導入部で、2 両のパンターをFBで吹き飛ばされた対戦相手の嘆きが載っています。
「『僕のパンターが…僕の美しいパンター達が!』でも、『僕のルノー35 が…僕の美 しいルノー35 達が!』とは誰も嘆かないよね。
でもね、パンターやM4A3E8、T34/85 が無くとも、へっぽこ戦車にだってAFV なら ではの能力があるんだよ。」そういう内容です。

VBMフリーズや12 へクスの射程を持つCMGなど、どんなAFV にもある共通の利点がいくつか述べられています。
中には慰めに過ぎないものもありますが(「イギリス軍の40mm 砲がHE 弾が撃て なくてもそう悲観することはない。AP 弾でも2FP、HE でも4FP。 1 コラムしか違わないじゃないか。」)、AFV が「できること」につ いて包括的に書かれた記事ですので、AFV 入門者は目を通す価値 があります。

RB CG IV:Bled White

by Steve Dethlefsen & Eddie Zeman

1942 年10 月25 日から31 日までのキャンペーンゲームです。
CG I とCGII との間を埋めるものになります。
特別にOT-34 火炎放射戦車の増援グループが追加されています(表紙はこの記事に連 動したものです)。

A109 Scouts Out

J.R.Tracy(US)vs Chris Kavanagh(Ger)

シナリオA109(アニュアル97 に掲載)の詳細なリプレイです。
こうした記事は大変貴重です。

Personal Tens(10s)!

by Mark C. Nixon

「私のシナリオベスト10」かと思いきや、「私の10 点満点のシナリオたち」が7 本紹介されています。
いや、紹介だけではなく、簡単な分析も載っていて、大変有用です。
シナリオ名だけ挙げておきましょう。

  • ASL8:The Fugitives
  • A44:Blocking Action at Lipki
  • A70:Winter Gewitter
  • ASL E:Hill 621
  • G1:Timoshenko’s Attack
  • Deluxe A:To The Last Man
  • ASL37:Khamsin

Welcome to the Jungle

by Robert Wolkey

ガンズン・ローゼスですか。
日本軍の戦術についての記事です。
示唆に富んだ内容で、ぜひ通読したい内容です。
G 章の日本軍ルールを読み終えた後、実際にゲーム上でどのように機能し、どんな効 果があるのかを知る上で大変有用な記事です。

Run Through The Jungle

by Matt Shostak

これはPTO のプログラム学習方式の記事です。
「まずここまでのルールを読んだら、このシナリオをプレイしてみよう。」という内 容。
必読というほどの内容ではありませんが、ひとつの目安にはなるでしょう。
今ではさらに多くのシナリオが出ているので、よりG章入門に適したものもあるのです。

Debriefing’98

おなじみ、Q&A とエラッタです。
しかしこの内容の大半は第2 版ルールに収められていますので、必須のものではありません。
ただ、HASL の内容や、カウンターのエラーなどは見ておくべきかもしれません。

Tips From the Trenches

なかなか面白い試みで、ジャーナルでは(シナリオのほかには) これがなんと言っても楽しみです。
荒っぽく内容を示しましたので、興味のある方は原文に当たってみてください。

  • 「緊急脱出で跨乗兵を振り落とし、その歩兵が前進射撃するというTips があったけど、それはD6.24 で禁止だよ。」
  • 「際どいLOS を無償で判定されるのがいやなら、自発的に隠蔽をはいでから移動するのも手だね。」
  • 「街路戦闘を避けるために、敵歩兵のいる建物の“反対側”の建物を迂回してすり抜けるってのはどうだい。」
  • 「要塞化建物に難儀していて、壁をぶち壊したいがDC が無い。そんなときは?AFV を直接突っ込ませるのさ。走行不能になったり、地下に落ちたり、CC でやられるかもしれないけど、壁に穴はあくぜ。」
  • 「夜間シナリオで、どうやって敵の隠蔽をはがそう?こちらの混乱部隊を潰走で突っ込ませるのさ!」

その他

北アメリカと、ヨーロッパにおけるASL イベントが掲載されて いますが、現在の我々には不要のものです。

シナリオ

  • J1 Urban Guerillas
  • J2 Battlin’ Buckeyes
  • J3 A Sunday Stroll
  • J4 Wet Sahwahs
  • J5 Bizory Loves Company
  • J6 St.Barthelemy Bath(DX)
  • J7 Slow and Steady
  • J8 Block Busting in Bokruisk
  • J9 A Stiff Fight
  • J10 Armored Fist
  • J11 In The Old Tradition(DX)
  • J12 Jungle Fighters


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-12-23 (水) 14:12:09 (3583d)