背景

  • 場所:ポーランド、ティリチ(Tylicz)
  • 日付:1939年9月3日
  • 概要:9月1日早朝、ドイツはポーランドへ侵攻した。新たに独立国となったスロバキアは領内通過の許可、飛行場の提供、さらに3個歩兵師団を派遣しドイツを支援した。スロバキアは取り急ぎ軍の機械化を進めたものの、その装備はまだ十分とは言えなかった。スロバキア軍歩兵師団はカルパチア山脈沿いの国境線を攻撃することとなり、第2歩兵師団はポーランド南部の町ノヴィ・ソンチ(Nowy Sacz)とゴルリツェ(Gorlice)を占領するはずであったが、ドイツ軍が迅速な進軍で第2歩兵師団が国境を越える前にこれらの都市を占領してしまった。彼らのポーランド戦最初にして唯一の作戦行動として、9月3日0615時、偵察部隊が国境の町、ティリチ(Tylicz)を占領すべく進軍した。

勝利条件

  • スロバキア軍はゲーム終了時に6VP以上を得ていれば勝利する。M7,M5,K6の建物を支配していれば各2VP、装甲車がP3/P6の道路へクスから退出するごとに1VPを得ることが出来ます。

使用マップ

  • MAP r
    bdr.gif
  • へクス列A-Pが使用可能

バランス

  • ポーランド軍:3つの4-5-7分隊を4-5-8分隊と交換する。
  • スロバキア軍:第1ターンのスロバキア軍OBにLMGを2挺加える。

ポーランド軍戦闘序列

  • カルパチア軍ティリチの守備隊の一部 下記に従って配置する(SSR1参照):
    • I10-I9-G3-I3-I1に沿った道路より西側の建物内、あるいは果樹園ヘクスに隠匿配置する:
    • L6から3ヘクス以内の建物ヘクス内に配置する:

スロバキア軍戦闘序列 

  • 第2歩兵師団偵察部隊 第1ターン、下記に従って進入する:
    • 地図盤東端:
    • A5またはI10:
  • 第2ターンに地図盤東端より進入:

特別ルール

  1. ポーランド軍プレイヤーは隠匿配置ユニットの場所を密かに記録しておくこと。これらのユニットは、以下の場合に盤上に置かれる。ユニットが射撃を行った場合、指揮官がその指揮修正を使用した場合、ユニットが移動を行った場合、スロバキア軍ユニットが当該へクスに進入した、あるいは進入を試みた場合である。また、スロバキア軍が(地域射撃として)へクスに対して射撃を行い、その結果がIFT上で"効果なし"以外であった場合も盤上に配置し、その結果を適用します。 スロバキア軍歩兵ユニットが移動フェイズにおいてこれらのへクスに進入を試みた場合、そのユニットは進入直前のへクスに戻されて移動を終了する。 もし突撃フェイズだった場合は白兵戦に移行し、隠匿側ユニットが建物へクスにいた場合、不意打ち判定drに-2します。 スロバキア軍が潰走フェイズに進入した場合、ポーランド軍ユニットを配置する。スロバキア軍は他の経路を選んで潰走を続けなければならない。このとき、匍匐移動を行うことはできない。 なお、ポーランド軍はいつでも自らの位置を明らかにしてよい。
  2. ポーランド軍MMCはPAATCを行う際、+1DRMを適用する。
  3. 帰還状態である場合を除き、他の装甲車と隣接した状態で移動フェイズを開始しなかった装甲車は、DRし8以下の目を出さない限り移動を行なえない。

顛末

  • わずかな抵抗があったものの、スロバキア軍はティリチ市街に突入した。市街はカルパチア軍配下の雑多な兵士たち、連度の高い辺境兵、国境警備隊、予備役兵、警察官、その他の公務員らにより防衛されていた。スロバキア軍は市街中央に装甲車を配置し、下馬した騎兵による支援を待った。ところが、騎兵が到着するまでの間にポーランド軍は2台の装甲車に損害を与えたため、スロバキア軍は戦闘を切り上げ、国境を越えバルデヨフ(Bardejov)まで撤退した。彼らが再びやってきたのはポーランド戦終結後、占領軍としてであった。

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-13 (火) 14:18:08 (1681d)