背景

  • 場所:フランス、メクシミュー(Meximieux)
  • 日付:1944年9月1日
  • 概要:ドイツ軍第19軍はリヨンに向かってローヌ渓谷を撤退中だった。8月29日、アメリカ軍第45歩兵師団の先頭部隊はドイツ軍を東に迂回するとそのままリヨンに向かって並走した。 途中、第45師団の部隊はローヌ川に架かる橋を2箇所確保した上、メクシミュー(Meximieux)の町に向かって15マイル先行した。 ドイツ軍のヴィーゼ(Wiese)将軍は、第11装甲師団がリヨン東方のローヌ川に架かる橋がアメリカ軍の手に落ちる前に確保するか、さもなくば破壊することを望んだ。 今まさに、第19軍団東方の急所を防衛すべく、ヴィーゼ(Wiese)将軍はメクシミュー(Meximieux)のアメリカ軍を追い払うよう第11師団に命じた。

勝利条件

  • ドイツ軍は、ゲーム終了時にO2、S6およびW8の建物を支配していれば勝利する。

使用マップ

  • MAP r
    bdr.gif
  • ヘクス列M-GGが使用可能

バランス

  • アメリカ軍:6-6-7分隊を1つアメリカ軍戦闘序列に加える。
  • ドイツ軍:ゲームの長さを7.5ターンに延長する。

アメリカ軍戦闘序列

  • 第45歩兵師団第179歩兵連隊の一部 Y1-Y5-AA5-CC8-Y10の道路より南に配置する(SSR1参照):
  • 機甲部隊 第3ターン地図盤南端より進入する:

ドイツ軍戦闘序列

  • 第11装甲師団の一部 Y1-Y5-AA5-CC8-Y10の道路より北に配置する:
  • 第3ターンに地図盤北端より進入する:

特別ルール

  1. アメリカ軍は、分隊を2つ(これらに支援火器とSMCをスタックしてもよい)林、建物あるいは果樹園に隠匿配置してよい、これらを秘密裏に記録すること。これらのユニットは、以下の場合に盤上に置かれる。ユニットが射撃を行った場合、指揮官がその指揮修正を使用した場合、ユニットが移動を行った場合、ドイツ軍ユニットが当該へクスに進入した、あるいは進入を試みた場合である。また、ドイツ軍が(地域射撃として)へクスに対して射撃を行い、その結果がIFT上で"効果なし"以外であった場合も盤上に配置し、その結果を適用します。 ドイツ軍歩兵ユニットが移動フェイズにおいてこれらのへクスに進入を試みた場合、そのユニットは進入直前のへクスに戻されて移動を終了します。 もし突撃フェイズだった場合は白兵戦に移行し、隠匿側ユニットが建物へクスにいた場合、不意打ち判定drに-2します。 ドイツ軍が潰走フェイズに進入した場合、アメリカ軍ユニットを配置します。ドイツ軍は他の経路を選んで潰走を続けなければなりません。このとき、匍匐移動を行うことはできません。 なお、アメリカ軍はいつでも自らの位置を明らかにしてよい。

顛末

  • メクシミュー(Meximieux)郊外に陣取った第45師団は、部隊を散開させて第11装甲師団を待ち受けた。第11装甲師団の歩兵と戦車の混成部隊はアメリカ軍を北方に迂回すると、メクシミューの第45師団の予備部隊を攻撃した。防衛に就いていた第179連隊の予備中隊と司令部、事務官、調理員らはバズーカ、駆逐戦車、火砲を駆使してドイツ軍に反撃した。第157連隊と第179連隊がメクシミューに取って返しドイツ軍の退却路を遮断すると、ドイツ軍の攻勢は頓挫した。

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-30 (水) 16:17:42 (1210d)