★Tと記された車両の後面へ対する非砲兵器による射撃の解決の仕方について

  • ページ: 質問
  • 投稿者: mocha
  • 状態: 質問
  • カテゴリー: ASL
  • 投稿日: 2010-11-09 (火) 23:00:51

★Tと記された車両は、砲塔/上部構造の後面だけが非装甲となります。D1.22

この車両の後面から歩兵がその固有火力で射撃した時、( MGを砲兵器として使用しないで射撃した時も含む )、砲兵器と異なり命中箇所を判定する手順がないので、装甲部分への命中として解決するのか、あるいは非装甲部分への命中として解決するのか分かりません。

ご回答の程よろしくお願い致します。


  • 固有火力での射撃には、命中判定は不要です。すなわち、攻撃を受けた区域内の全ての「非装甲目標が」攻撃対象となります。ゆえに、命中云々を考慮する必要なく、非装甲部分が歩兵火力によって攻撃を受けたとみなされます。CE状態のAFVに歩兵火力で射撃した時に「上部への命中」が不要なのと同じ理屈です。 -- 今日も6ゾロ 2010-11-09 (火) 23:31:20
  • なるほど。納得しました。ちなみに根拠となるルールは、A7.4 と理解して構いませんか。 -- mocha 2010-11-11 (木) 21:40:24
  • OKです。 -- 今日も6ゾロ 2010-11-11 (木) 22:19:01

トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-11 (木) 22:19:01 (2782d)