背景

  • 場所:フランス,シェフデュポン(Chef-du-Pont)
  • 日付:1944年6月6日
  • 概要:Dデイの降下後,ユタビーチ(Utah Beach)内陸に着地した空挺部隊に与えられた任務の一つは,複数の主要な橋を掌握することだった.第82空挺師団の副師団長ジェームズ・ギャビン(James Gavin)准将は,そうした橋の一つ,氾濫したメルデレ(Merderet)川の湿地帯を抜ける土手道に続くシェフデュポン橋付近にいる高官だった.マロニー(Maloney)中佐が率いる75名の増援が到着するやいなや,ギャビンは彼自身がこの橋の掌握に取りかかるべく間に合わせの部隊を組織した.第507パラシュート歩兵連隊の一部を自身が率いる部隊と第507のオストベルグ(Ostberg)中佐が率いる部隊の2つに分け,両隊平行しつつシェフデュポン橋を目指して兵を進めた.

勝利条件

  • アメリカ軍は1個分隊相当以上のMMC,および1人以上の指揮官をQ10ヘクスから盤外へ離脱させれば勝利する.ドイツ軍がQ10ヘクスから盤外へMMCを離脱させた場合,アメリカ軍はドイツ軍が離脱させたMMCよりも1個分隊相当以上多く離脱させなければならない.

地図

  • MAP y
    bdy.gif

バランス

  • ドイツ軍:MMG1挺をドイツ軍の戦闘序列に追加する.
  • アメリカ軍:7-0指揮官を1人オストベルグ隊に追加する.

ドイツ軍戦闘序列

  • 第91空輸歩兵師団 第1057擲弾兵連隊の一部 [ELR:4] ヘクス番号4以上に配置.

アメリカ軍戦闘序列

  • 第82空挺師団 第507パラシュート歩兵連隊の一部 [ELR:5] 下記の指示どおり進入.
  • ギャビン・マロニー隊(10-2, 8-0, 747 x 6)は第1ターンにマップ北東端Y1-GG4(両ヘクス含む)から進入.
  • オストベルグ隊(9-2, 747 x 4)は第1ターンにマップの北端のI1以西(I1ヘクスを含む)から進入.

シナリオ特別ルール

  1. なし.

顛末

  • 状況を見極めた後,ギャビンとオストベルグは攻撃を開始した.彼らの連携攻撃により,橋に通じる小村のドイツ軍を一掃した.しかし一方でドイツ軍は投降するどころか機関銃を携えて土手道に後退し,橋めがけて駆け寄ったオストベルグ中佐を負傷させた.開豁地を覆うこの強烈な火力のために空挺部隊は当面橋に到達することができなかった.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-06-27 (金) 01:58:31 (1510d)