背景

  • 場所:シシリー、ジェーラ(Gela)
  • 日付:1943年7月10日
  • 概要:小さな港町ジェーラ(Gela)はアメリカ軍の上陸地点とされ、重要目標であった。 アメリカ第7軍のパットン将軍は、第1師団の司令官"厳しき"テリー・アレン("Terrible" Terry Allen)少将を内陸数マイルのポンテ・オリヴォ(Ponte Olivo)飛行場を確保する困難な任務に就け、ウィリアム・ダルビー(William Darby)大佐とそのレンジャー部隊がジェーラの町を確保すべく最初に上陸することとなった。イタリア軍海岸防衛隊による抵抗が予想されたが、経験と頑強さを兼ね備えたレンジャー部隊は、抵抗が少ないことを望みつつ上陸した。

勝利条件

  • アメリカ軍は、ゲーム終了時にイタリア軍の統制状態で操作班でないMMCが複数ヘクス建物に存在せず、なおかつ自軍の損害が10VP未満の場合勝利する。MMC、操作班ごとに2VP、半個分隊ごとに1VP、-1能力を持つSMCごとに2VP、-2能力を持つSMCごとに3VP、-3能力を持つSMCごとに4VP、0および+1能力を持つSMCごとに1VP、対戦車砲および迫撃砲が1つ除去されるごとに2VPを失う。

使用マップ

  • MAP r
    bdr.gif

バランス

  • イタリア軍:アメリカ軍戦闘序列から爆薬とBAZ43を1つづつ取り除く。
  • アメリカ軍:イタリア軍戦闘序列から3-3-6分隊を2つ取り除く。

イタリア軍戦闘序列

  • 第18沿岸防衛旅団第429沿岸大隊の一部 ヘクス番号8の列か、8列より北に配置する:

アメリカ軍戦闘序列

  • 第1および第4レンジャー大隊、第39戦闘工兵連隊、第83化学迫撃砲大隊から構成されたX任務部隊の一部 第1ターンに地図盤南端より進入:

特別ルール

  1. 全てのアメリカ軍砲兵器は、第1ターンに人力移動を試みる場合、試みるユニットに操作班が含まれていれば自動的に判定に成功したものとみなします。
  2. 全ての7-4-7分隊は戦闘工兵であり、煙幕展開能力は+2されます。全てのアメリカ軍はその士気値に下線が引かれているものとみなします。
  3. イタリア軍は、自軍配置領域内の建物ヘクスを6箇所"要塞化"し、秘密裏に記録します。これらの建物ヘクスは、通常のTEMにさらに+1の修正(木造建物であれば+3、石造建物であれば+4)を得ることができます。要塞化は外観からは判別できず、アメリカ軍がそのヘクス内のユニットに対して射撃を行った場合、あるいはアメリカ軍ユニットがそのヘクスに進入した場合のみ明らかにされます。釘付け状態でない敵分隊(または分隊相当)が存在する要塞化ヘクスに進入することはできません。
  4. このシナリオはS48と連結することができます。この場合、シナリオの終了時に生き残っているアメリカ軍ユニットを記録し、それをS48のアメリカ軍戦闘序列と置き換えます。 もしアメリカ軍がシナリオに勝利していた場合、生き残りの全てのイタリア軍を取り除きます、残りのシナリオでは彼らは使用しません。イタリア軍が勝利していた場合、生き残りのイタリア軍ユニットはそのままの位置で次のシナリオに登場します。両陣営とも故障状態の火器は取り除かれます。シナリオ終了時に混戦状態のヘクスは、どちらか片方の陣営のみになるまで判定を繰り返します。次のシナリオに引き継がれるユニットは、全て統制状態で次のシナリオを開始します。アメリカ軍は、2番目のシナリオ開始に先立ち、2番目のシナリオの戦闘序列をイタリア軍に隣接しない場所に自由に配置できます。2番目のシナリオの勝者が最終的な勝者となります。

顛末

  • 実際にジェーラは海岸防衛隊によって防衛されていた。これまでの部隊と異なり、第429大隊は容易に降伏しなかった。ルベリノ(Rubellino)少佐に率いられた第429大隊は狭い市街の建物1つ1つでレンジャー部隊と戦った。4時間に渡る死闘の結果、イタリア軍の人的損傷は45%にも上ったものの、いくつかの地点で多数の死者と引き換えにアメリカ軍にその土地を明け渡すことはなかった。結局海岸の状況が安定するまでの間、イタリア軍は町を防衛し続けた。

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-13 (火) 14:19:29 (1618d)