背景

  • 場所:フランス、セッポワ(Seppois)
  • 日付:1944年11月21日
  • 概要:フランス軍第1軍団による11月半ばの攻勢はライン川に到達する勢いだった。しかし、自由フランス軍はここベルフォー峠(Belfort gap)周辺では完全な渡河を行うことが出来ず、このため先鋒部隊の補給線は脆弱であった。 11月20日、ドイツ第19軍は反攻を開始すると自由フランス軍をベルフォーまで押し戻し、峠とライン川との間を遮断した。 反攻のため、ドイツ軍はロシア義勇兵からなる第30SS武装擲弾兵師団を取り込み戦力を再編していた。当初、第30SS武装擲弾兵師団は先攻部隊が確保した地点をを維持するために用いられてきたが、先攻部隊の進軍ペースが低下したため、セッポアの町を攻撃するよう 命じられた。同地はフランス軍の重要な補給路、N-463上にあった。

勝利条件

  • ドイツ軍は、ゲーム終了時に統制状態のMMCかAFVがI1-K5-I6-I10の道路をLOS内に収めており、それらのユニットが上記道路上のどのヘクスに対しても、ROFやPBF/TPBFによる火力増加を考慮に入れず、(なおかつ、鹵獲兵器を用いることなく)21火力以上で攻撃できる場合に勝利する。AFVの火力を計算する場合、対象の道路へクスがAFVの射界内であり、その主兵装のHE弾が欠乏していない場合は16火力、欠乏している場合は2火力とし、衝撃(Shoked)/乗員死亡(Unconfirmed Kill)状態のAFVは火力として計算することはできない。PSKは対象の道路ヘクスから3ヘクス以内であれば12火力とする。対象ヘクスの計算時には、LOSは煙幕によって妨害されないものとする。

使用マップ

  • MAP s
    bds.gif
  • ヘクス列A-CCが使用可能

バランス

  • 自由フランス軍:ドイツ軍戦闘序列から8-1指揮官を取り除く。
  • ドイツ軍:自由フランス軍戦闘序列からBAZ44とMMGを1つずつ取り除く。

自由フランス軍戦闘序列

  • 第9植民地歩兵師団及び第1機甲師団第2コマンド戦闘団の一部 ヘクス列X上か、X列より北に配置:

ドイツ軍戦闘序列

  • 第30SS武装擲弾兵師団(ロシア第2)及び第654重戦車駆逐大隊の一部 第1ターン及びそれ以降に地図盤北端より進入:

特別ルール

  1. 自由フランス軍は、イギリス軍のMMC、SMC、支援火器を使用し、アメリカ軍の砲と車両を使用する。

顛末

  • 第2コマンド戦闘団から戦車の支援を得た第9植民地歩兵師団の兵士たちはN-463を防衛するためセッポワ(Seppois)の町と大河に架かる橋に展開した。第654重戦車駆逐大隊の支援を受けた第30SS武装擲弾兵師団のロシア人兵士たちはセッポワの町に接近。フランス兵はロシア人兵士たちを押し止めるどころか彼らを北に押し返し、3日後にはロシア人兵士は攻撃開始地点まで押し戻された。11月23日、第30SS武装擲弾兵師団は第1機甲師団の補給路の切断をあきらめ撤退、フランス軍はベルフォー峠(Belfort gap)を突破した。

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-13 (火) 14:21:07 (1618d)