背景

  • 場所:フランス,カランタン
  • 日付:1944年6月12日
  • 概要:第101空挺師団は,ユタビーチの後背エリアの確保に成功した.第101空挺師団は,イシニィ(Isingny)を占領した第29歩兵師団とともに,カランタン攻略に取り掛かった.カランタンの占領により,アメリカ軍の二つの橋頭堡の連絡が可能となるのである.第327グライダー歩兵連隊は,イシニィ-カランタン間の地域を制圧し,町を東側から攻撃した.第502パラシュート歩兵連隊は,ドーブ(Douve)の湿地帯上に作られた高さ6〜9フィートの盛土上の道路を通って攻撃を行わねばならなかった.道路は,川や運河を跨ぐ4つの橋を通過していた.打たれ強く戦う第502連隊は,町の外縁部の第4の橋を確保した.そして,そこでドイツ軍の断固とした幾度もの反撃に遭遇した.第506パラシュート歩兵連隊が駆けつけその窮地を救った.6月12日朝,ロバート=シンク(Robert Sink)大佐は,第506連隊,第2大隊にカランタンへの突入を命じた.

勝利条件

  • アメリカ軍は,ゲーム終了時にへクス列Zの南の建造物6個以上を支配していれば勝利.ボードから退出したドイツ軍MMC一つにつき必要とする建造物数が1増加する(SSR 3参照)

使用マップ

  • MAP y
    bdy.gif
  • へクス列L-CCのみを使用

バランス

  • ドイツ軍:ドイツ軍戦闘序列においてLMG1丁をMMG1丁と交換する.
  • アメリカ軍:アメリカ軍の増援にBAZ44を加える.

ドイツ軍戦闘序列

  • 第6降下猟兵連隊の一部[ELR:5] へクス列X-S(当該列を含む)の2以上,8以下のへクスに配置(SSR 2参照).
  • 第1ターンもしくは,それより後にQ10-Q1の南/東/西端から進入

アメリカ軍戦闘序列

  • 第101空挺師団,第506パラシュート歩兵連隊,第2大隊の一部[ELR:5] へクスZ7に配置
  • へクスCC7に配置
  • 第1ターンもしくは,それより後にへクスCC7より進入

シナリオ特別ルール

  1. 全ての麦畑へクスは冠水へクスであり,全てのユニットは進入禁止である.またこれらのへクスは,障害物,妨害地形ではない.冠水へクスには煙幕を置くことができない.CC6を含む森へクス群は開豁地として取り扱う(森のイラストを無視する).
  2. ドイツ軍はスタート時にLMGを別々のへクスに配置しなければならない.
  3. 第4ターン以降,ドイツ軍ユニットは移動又は突撃フェイズにQ10〜Q1の南端/東端/西端から退出することができる.

顛末

  • ハリー=ウォルシュ中尉に従い町へと突入した分隊は,町の端で機関銃射撃に直面した.生き残った者達は道に沿った側溝に飛び込んで動けなくなった.後方の大隊司令部からの怒鳴りつけるような激励を受けて,中隊指揮官のディック=ウィンタース中尉は,道路に飛び出し,部下達に続くように大声で命令を下した.ウィンタースの叫び声等これまでに聞いたことがなかったE中隊の面々は,道路を突進して攻撃を開始し,機関銃座を破壊するとともにウォルシュ中尉と部下達を救い出した.第2大隊が町へと進入すると同時に,第327グライダー歩兵連隊も町の東側から攻撃を開始しており,降下兵達は町の中心部で合流した.罠は閉じ,目標は確保された.だがしかし,捕虜は僅かだった.第6降下猟兵連隊指揮官のオベルスト=フリードリッヒ=フォン=デル=ハイトは,1個中隊を町に残し,午後になる前に部下達を町から脱出させていたのだ.その間に彼は西側からの反撃を準備していたのだ.敵対するパラシュート兵同士は,未だ,互いに対処ができずにいた.

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-30 (水) 20:02:30 (1425d)