背景

  • 場所:ドイツ、メローデ(Merode)
  • 日付:1944年11月29日
  • 概要:第1歩兵師団はDデイ以降戦い続けのため、この6ヶ月の人的損失の累計は定数に対し100%を超えていた。補充兵が次々とやってきてはベテランか死傷者のどちらかとなった。 11月の末、クラレンス・ヒューブナー(Clarence Huebner)率いる"ビッグ・レッド・ワン"はヒュルトゲン森林地帯を抜け、ルール川岸の町まで到達した。ヒュルトゲンの"死の工場"での戦闘が終結したことを喜びつつ中世からの都市、メローデへの攻撃を計画した。 少数の戦車が森林を突破して支援に駆けつけたが、地雷によって戦闘不能となってしまった。 しかし、デリル・ダニエル中佐(Lt.Colonel Derrill Daniel)の第2大隊は、士気旺盛な降下猟兵の守るメローデに圧力を加えるべく前進を続けた。

勝利条件

  • アメリカ軍は、ゲーム終了時にsH4、rP5のどちらか、あるいは両方を統制状態のユニットが占めていれば勝利。

使用マップ

  • MAP r
    bdr.gif
  • MAP s
    bds.gif

シナリオカードに記載された「北」の方角は180度逆です。つまり南北が逆になっています。 (出典 http://www.multimanpublishing.com/Blogs/tabid/61/Entryid/11/ASLSK-Expansion-Pack.aspx、2011年01月16日付の記事)

バランス

  • ドイツ軍:アメリカ軍戦闘序列からMMGと爆薬を1つずつ取り除く。
  • アメリカ軍:ドイツ軍戦闘序列から8-1指揮官を取り除く。

ドイツ軍戦闘序列

  • 第5降下猟兵連隊の一部 sQ10-sQ7-sZ6-sGG6の道路から南または西に配置:
  • 第3ターン sQ10またはsI10のどちらか一方の3ヘクス以内から進入:

アメリカ軍戦闘序列

  • 第26歩兵連隊第2大隊の一部 sQ10-sQ7-sZ6-sGG6の道路から北または東に配置:

特別ルール

  1. シナリオ開始時点では、ドイツ軍MMCは他のMMCに隣接、あるいはスタック状態で配置することはできません。戦車の残骸マーカーをsS5及びsAA2に配置します。
  2. 全ての配置に先立ち、アメリカ軍プレイヤーは、地図盤sのヘクス列N、O、P又は地図盤rのヘクスAからP列でなおかつヘクス番号が1及び2のエリアのどちらか片方を砲兵の攻撃地域として秘密裏に記録します。 第1ターンのアメリカ軍の準備射撃フェイズに、砲撃の対象地域内のドイツ軍はタスク判定を行います。この判定に失敗したドイツ軍ユニット時は釘付け状態でゲームを開始します。さらに、判定に失敗の際に色つきダイスの目が5か6だった場合は混乱し、士気動揺状態となります。 タスク判定に成功したものの色つきダイスの目が5か6だった場合、そのユニットはCX状態となります。
  3. ドイツ軍はパンツァーファウストを使用可能です(4.4.2項)。

顛末

  • 彼らの多くは17〜18歳で"名前だけの降下兵"と思われていた。若き降下猟兵はベテランのごとく戦い、疲れ果てた"ビッグ・レッド・ワン"の兵士たちは抗いきれず村落の小道を落ち延びていった。ベッカー中佐(Oberstleutnant Becker)に率いられた反撃部隊は町を抜け、アメリカ軍を背後からを攻撃し、これに合わせてドイツ軍砲兵隊による攻撃がヒュルトゲンの森に降り注いだ。ダニエル中佐は成す術なく、孤立したEおよびF中隊は夜間から翌朝にかけ殲滅され、パトロール隊所属のわずか15名がかろうじてアメリカ軍前線まで逃げ延びただけだった。11月30日、ダニエル中佐と第26連隊の生き残りは森林に引き返し、再びそのあだ名を知らしめることとなった。

リンク


トップ   編集された箇所をみる バックアップ リロード   ページの一覧 単語検索 最近更新されたページ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-30 (水) 18:53:06 (1029d)